こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

シーンをフレッシュに更新する人たち

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年10月21日 18:00

ソース: 『bounce』 315号(2009/10/25)

文/狛犬

 キッド・カディの不思議な新しさはなかなか説明しづらい感覚的なものだが、彼と共通する何かを備えた連中がゆっくりと増殖していることにお気付きの人もいるかもしれない。例えば同時期にメジャー入りしたカナダのラッパー、ドレイクもそうだし、アッシャー・ロスやナックス、LMFAO、ワレイ、ボビー・レイのように、ナードにしてハードな自由度の高い音楽をナチュラルに追求する──かつてヒップスターと括られた面々とも被る──ラッパーたちが新しい価値観を積み上げているのだ。これはニーヨ&ドリーム以降を感じさせるいくつかのR&Bアクトにも通じる感覚で、“Birthday Sex”をヒットさせたジェレマイや、ドリームの秘蔵っ子であるエレクトリック・レッド、ジャスティン・ティンバーレイクが送り出すエスミー・デンターズ、さらにはブリック&レイスやキャット・デルーナのような越境組も現状のセグメントとは無関係に同じ視点から捉えられる。こうした顔ぶれが中枢に近づいていくたびに、音楽シーンはどんどんおもしろくなっていくはずだ。


配信限定のコンピ『Fresh School '09_Hip Hop』(ユニバーサル)


『Fresh School '09_R&B』(ユニバーサル)。コンピはNapsterで購入可能!

インタビュー