こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

すでに引っ張りだこなスウェイの活動歴

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年09月24日 19:00

ソース: 『bounce』 314号(2009/9/25)

文/狛犬

 まだ自主のミックステープしか出していないラッパーが、50セントやゲームを押さえてMOBOアワードの〈最優秀ヒップホップ・アクト〉部門を受賞……この異例の快挙をきっかけに、スウェイへの客演依頼は一気に増加する。ブリット・ホップ系アクトを集めた名コンピ『Run The Road Volume 2』に“Up Your Speed(Remix)”が収録されたほか、ネイト・ジェイムズとのコラボ(『Set The Tone』の日本盤にのみ)やストリーツが見い出したミッチェル・ブラザーズの“Harvey Nicks”、そしてカミリオネアの全米No.1ヒット“Ridin'”のUKリミックスにも抜擢された。この時点でまだスウェイは正式デビュー前、だというのにである。翌年にかけて彼の露出はフィールドをグングン拡大していき、コールドカットの“True Skool(Sway Remix)”といったリミックス仕事から、ジャメリアやスタントン・ウォリアーズ、DJワンダー、Mrハドソンといった面々とのコラボを次々に経験していく。

 それ以降も外仕事は順調で、イアン・ブラウンのリミックスや、カイザー・チーフスへの客演というロックの大物仕事でも着実に成果を上げた。またジェイ・ショーン“I Won't Tell(Remix)”やカール・ウルフ、さらにはティンチー・ストライダーのようなアーバン作品にも印象的なヴァイブを吹き込み、UKのトップMCらしい鮮やかなフロウを刻み込んでいる。注目はアモン・トビンらのプロジェクト=トゥー・フィンガーズへの参加で、スウェイは実に7曲でラップしている。ダブ・ステップ的なトラックの格好良さと合わせてぜひチェックしてみてほしい。

インタビュー