こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Discography 69-73 関連作と楽しむ名唱の数々(4)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年08月26日 18:00

更新: 2009年08月26日 18:21

ソース: 『bounce』 313号(2009/8/25)

文/池谷 昌之、出嶌 孝次、林 剛

JACKSON 5
『The Jackson 5 Christmas Album』
 Motown(1970)
クリスマス・アルバムという枠を超えて愛されている名盤。歌われる曲の大半は“Santa Claus Is Coming To Town”や“I Saw Mommy Kissing Santa Claus”といったクリスマス定番曲だが、突き抜けるようなマイケルのリードと兄弟たちのコーラスで、J5ならではの温かなファミリー・ヴァイブを醸し出す。R&B勢のカヴァーが相次いだ“Give Love On Christmas Day”はコーポレーション作のオリジナルで、いまやスタンダードの風格が漂う逸品だ。これは一家に一枚! *林

JACKSON 5
『Maybe Tomorrow』
 Motown(1971)
ハル・デイヴィスの書いたホロ苦い恋の歌“Never Can Say Goodbye”や、本来はサミー・デイヴィスJrが歌うはずだったという黄昏ソウル“Maybe Tommorow”に象徴されるように、前作でのバラード“I'll Be There”の成功を受けてか、これまでのバブルガム路線とはあきらかに雰囲気の違う大人びた内容に。マイケルのクールな魅力の萌芽も見られる作品だ。オールド・スクール・ブレイクビーツとしてサンプリング人気の高い“It's Great To Be Here”も収録。*池谷
※紹介アイテムは70年作『Third Album』とのカップリングになります。

WILLIE HUTCH
『Try It You'll Like It: The Best Of Willie Hutch』
 Expansion
ハル・デイヴィスらとの“I'll Be There”や“I Can Only Give You Love”など、年齢が上がってきた時期にJ5やマイケルの曲を書いたのが彼。ソロ作におけるメロウ&ファンキーさもまろやかに活きているか。*出嶌

GLORIA GAYNOR
『The Best Of Gloria Gaynor』
 Polydor
アイザック・ヘイズも歌った“Never Can Say Goodbye”をダンサブルにヒットさせた彼女。そうした例はJ5曲の対象年齢が子供に留まらないことを示していた。なお、彼女の代表曲“I Will Survive”を手掛けたのはフレディ・ペレン。*出嶌

JACKSON 5
『Goin' Back To Indiana』
 Motown(1971)
前半は全米で放映された同名TV番組のサントラ盤、後半は地元インディアナにおける凱旋コンサートの模様を抜粋したライヴ録音。ビル・コスビーらのトークを交えた前半も貴重な音源ではあるが、聴きものはもちろん後半のライヴで、デビュー作でも取り上げていたスライ&ザ・ファミリー・ストーンの“Stand!”を、こちらでは思いきり弾けたパフォーマンスで披露している。溌剌とした姿が目に浮かぶかのような、5人の躍動を真空パックした一枚。*池谷

JACKSON BROWNE
『Jackson Browne』
 Asylum(1971)
シンガー・ソングライターの曲を取り上げるのが流行ったニュー・ソウル期のマナーに準じて、J5がカヴァーしたのは“Doctor My Eyes”。まさかジャクソン繋がりだけで歌ったんじゃなかろうが、軽快な雰囲気は実にマッチしている。*出嶌

インタビュー