こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

INTERVIEW 第3回――20年目の格言〈もうろくは武器なり〉〈屁は時に雄弁なり〉(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年08月26日 18:00

更新: 2009年08月26日 18:22

文/佐野郷子

哀愁なくてヨシ!

――『20』だって、アルバムとボーナスCD(カラオケ&リミックス収録)とDVDも併せて3枚組という豪華仕様。

石野「20周年記念だからってのもあるけど、いまはオマケ付けないと売れないからね。DVD付けないとネットの値引きもなかったりするし、通常盤はピクリとも動かないというのもザラだから。いっそ限定盤だけでいいんじゃないかな。こういうDVD付けたりする売り方も音楽物流の晩年という気がするけど」

「そろそろ〈3枚組ってナニ?〉っていう子もいそうだよね」

石野「もうUSBメモリーでもいいわけなんだろうし、出してる人もいるけどさ、俺は音楽をモノとして手に入れたいという欲求はまだあるな」

「ダウンロードがこれだけ普及すると、モノとして欲しいかどうかって問われるところだね。うちらのCDがまず問われそうだけど(笑)」

石野「でも、『20』って3枚組で1枚千円ちょっとって換算すると安いよ。12インチ1枚の値段だもん」

「お買い得ですよって言ったところで売れるって代物ではないけど」

――それにしても20年続けて、40代に突入したにも関わらず哀愁がまったく漂わないっていうのも電気グルーヴらしい。

石野「確かに若い頃のほうが哀愁や情緒感があったかもね。ある時期から意図的に排除していったのもあるけど。ほっとくと出てきたりするから」

「田舎のダメなスーパーの哀愁みたいなのってたまに出す分にはいいんだけどね」

石野「そういうの、いまやっちゃうとシャレになんないでしょ(笑)。ズブズブ中年まっしぐらじゃん。ちょっと泣きの要素でも入れようもんなら」

「哀愁なくてヨシ! でもさすがに20年やってきていつの間にか消える人っていうのも……いるか(笑)」

石野「いるいる(笑)」

「〈体操シリーズ〉は6年タームだから(笑)、次は48歳か……」

石野「48歳って一般社会じゃ部長クラスだよ」

「もう笑ってもらえないかも」

石野「よくて愛想笑いだよね(笑)」

「部長が手品やるから見てやるか、てな感じだよ」

石野「社員も部下も入れ替わっちゃて、〈ねぇ、部長の体操って何?〉とか陰でコソコソ言われて(笑)」

「そのくせ地位があるもんだから規模だけデカくなって、それがまたツライっていう(笑)」

――20周年記念の今後の予定は何かあるんですか?

石野「ヴィデオでしか観られない昔の映像を集めたDVDを出す予定はある。ライヴはあれ(〈俺っちのイニシエーション〉)1回こっきり。あと、電気グルーヴでアルバムじゃない何かをリリースするけど、まだ言えない」

「これ以上出し続けると、止めたらサボってるって言われそうだしね」

石野「もう十分でしょ、電気足かけ3年やってたんだから」

「俺は、そろそろ〈大河〉が……」

石野「えっ、タイガーマスク?」

「1年我慢できるかな、タイガーマスク(笑)」

インタビュー