こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

GOOD OLD ROCK AND ROLL キャロルから始まる、不良の、不良による、不良のためのロックンロール

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2009年08月05日 18:00

更新: 2009年08月05日 18:03

ソース: 『bounce』 312号(2009/7/25)

文/北爪 啓之

  皮ジャン&リーゼントという明快すぎるヴィジュアルと、ロックと歌謡曲の境界上を突っ走ったキャッチーなヒット曲の数々により、当時はまだマイナーな存在だった日本のロックをお茶の間レヴェルに浸透させた最初のバンドがキャロルだ。彼らの音楽性が初期ビートルズの多大な影響下にあることは有名だが、後に俳優としての才能も開花させるジョニー大倉(ギター)の詞&矢沢(ベース/ヴォーカル)の曲は、確かに日本のレノン&マッカートニーと呼ぶに相応しい名コンビぶりを発揮していた。意味よりも語感を重視した日本語と英語のチャンポン詞は、さらに日本語を英語風に発音する矢沢の唱法で一種独特な和製ロックソングへと昇華されているが、この手法の考案こそが後のJ-Pop隆盛へと至る発火点であることは間違いない。

 わずか3年の活動期間だったが彼らから影響を受けた後続のバンドは数多く、なかでも解散コンサートで親衛隊も務めたバイク・チーム、クールスは五大洋光(矢沢の変名)のペンによる“紫のハイウェイ”でレコード・デビューを飾る。キャロルがビートルズ調なのに対してクールスはUSのオールディーズ風という音楽性の違いはあれど、当時は弟分と見なされていた。クールスはまた、舘ひろしや岩城滉一、横山剣ら錚々たる不良スターたちを輩出したことでも忘れ難い。また、90年代以降もキャロルからの影響を公言し、99年の矢沢50歳バースデー・ライヴでは矢沢の公演史上初の前座バンドに抜擢されたTHE COLTS、そのルックスも含めてキャロルへの愛を炸裂させ、2001年にはエレキ弾き語りで魅せる“I LOVE YOU, OK”をシングル・リリースしたギターウルフなどがいる。思想やメッセージ性よりも、ただひたすら〈格好良いロック〉ということだけに全力を注ぐ硬派な不良バンドの系譜は続いていくのだ。

インタビュー