こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

上記フェスに行く人は必ず聴かないとマズイものがこちら! (その3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年07月01日 18:00

ソース: 『bounce』 311号(2009/6/25)

文/石田靖博、北野 創、鬼頭隆生、土田真弓

ゆらゆら帝国
『REMIX 2005-2008』
 ソニー(2008)
クラブ・シーンで話題となっていたセルフ・リミックス楽曲を収録する本作も好評の彼らが、〈METAMORPHOSE〉に初参戦だ! アーサー・ラッセルばりのサイケなエコーとスーサイド直系のからっぽグルーヴが修善寺の夜空に妖しく木霊する! *北野

LIKKLE MAI
『MW』
 MK STARLINER(2007)
レゲエという土壌から豊潤なポップ・ミュージックを花開かせたソロ2作目も記憶に新しい歌姫は、〈WINDBLOW〉に出演。晴れた空の下、ゆったりと刻まれるリズムと艶やかな歌声、そしてキンキンに冷えたビールがあれば……もう何もいりません! *土田

砂原良徳
『No Boys, No Cry Original Sound Track Produced by Yoshinori Sunahara』
 キューン(2009)
ベスト盤の発表や電気絡みのライヴ、リミックス仕事を除くと都市伝説レヴェルな隠遁ぶりだった彼が、〈サマソニ〉〈WIRE〉〈WORLD HAPPINESS〉に! 7月には8年ぶりの新作→も出ます。*石田

KEN ISHII
『WARRIOR ON THE DECKS~PLAY, PAUSE AND PLAY 2~』
 Sublime/ミュージックマイン(2009
いまやすっかり〈WIRE〉のレギュラー化しつつあるケンさん。このフェス参加アーティストのなかでもっとも純テクノ度&アゲ度の高い音は、活動15周年の今年も熱いはず! *石田

GUI BORATTO
『Take My Breath Away』
 Kompakt(2009)
毎回旬のライヴ・アクトを用意する〈WIRE〉は、今年も目利きなラインナップで最高! 今回のメロディアス・クリック枠に入ったのは老舗コンパクトからの新星です。メランコリックだけどフロアライクなサウンドに、胸キュン踊りしそう。*石田

MODERAT
『Moderat』
 Bpitch Control(2009)
毎回旬の……(略)! 今回の変態枠に入るのはテクノ界が誇る野獣コンビ、モードセレクターとアパラットによる強力ユニットだ! アパラットによるメロディアスなフレーズとモードセレクター製の既知外ビートの合体で、人々が既知の外へ……。*石田

インタビュー