こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

上記フェスに行く人は必ず聴かないとマズイものがこちら! (その2)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年07月01日 18:00

ソース: 『bounce』 311号(2009/6/25)

文/石田靖博、北野 創、鬼頭隆生、土田真弓

Nabowa
『view』
 mogie/bud(2008)
この最新オリジナル作では風のように流れる旋律同士を有機的に結び付けてみせた4人組だからして、演奏の場をストリートから〈SUNSET〉の浜辺へ移しても音の心地良さは変わるまい。会場の一角で、さり気なくジャムるのも似合いそう(妄想)! *土田

Port of Notes
『Live at Liquidroom』
 クルーエル(2009)
昨年の〈RISING SUN〉に続き、今夏は〈SUNSET〉に出演する2人。この2枚組のライヴ盤でも聴ける素朴で美しいアコースティック・サウンドと、畠山美由紀の柔らかな歌声が潮騒と溶け合い、そっとあなたの心に寄り添ってくれるでしょう。*鬼頭

RHYMESTER
『メイドインジャパン~THE BEST OF RHYMES-TER~』
 NEXT LEVEL/NeOSITE
B-BOYイズム溢れる熱きパフォーマンスで〈キング・オブ・ステージ〉の異名を取る3人組が、今年は〈SUNSET〉と〈サマソニ〉で本格始動! 耳を貸すべき名曲の数々は、このベスト盤でチェックしろ! *北野

SOUND TRIBE SECTOR 9
『Peace Blaster』
 MUSIC CAMP(2008)
最新作では重厚なアンサンブルでスピリチュアルな世界観を築いてみせたエレクトロニック・ジャム・バンドが、一昨年に続いて〈METAMORPHOSE〉に登場。今回も変幻自在のロング・セットでトリップ感満点にキメてくれるはず! *北野

VARIOUS ARTISTS
『MELLOW BEATS, FRIENDS & LOVERS』
 ユニバーサル(2009)
〈METAMORPHOSE〉に出演するCalmとNujabesの叙情性に満ちた楽曲を予習するなら、極上メロウ・トラックを集めた本コンピがオススメ。特にNujabesによるシャーデー“Kiss Of Life”の悶絶カヴァーは必聴! *北野

PREFUSE 73
『Meditation Upon Meditations』
 Warp(2009)
神業的なエディット能力が発揮された本作をはじめ、さまざまな名義で精力的に新作を発表する彼が、〈METAMORPHOSE〉で久々にバンドを引き連れて来日。毎回ジョン・ヘーンドンら凄腕がバックを務めるだけに、今回も期待大! *北野

インタビュー