こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

上記フェスに行く人は必ず聴かないとマズイものがこちら! (その1)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年07月01日 18:00

ソース: 『bounce』 311号(2009/6/25)

文/石田靖博、北野 創、鬼頭隆生、土田真弓

Discharming man
『dis is te oar of me』
 TRAFFIC(2009)
日本一エモい(筆者比)シンガー・ソングライターは、〈RISING SUN〉に登場。本作で披露した特大スケールの歌が北の大地に響き渡る様を想像するだけで鳥肌モノだけど、道内出身者ということはもしや……〈深夜のお楽しみ〉にも出演!? *土田

GOMA & The Jungle RHYTHM Section
『AFRO SAND』
 WONDERGROUND(2009)
GOMAのディジュリドゥと、打楽器によるビートの荒波が〈RISING SUN〉〈WINDBLOW〉を襲う! 巨大な渦を巻くプリミティヴなサウンドに呑み込まれたら最後、もう思考が吹っ飛ぶまで踊りまくるほかありません。この新作を聴いて待て! *鬼頭

吾妻光良&The Swinging Boppers
『Sweatin' Ballroom/Jumpin' at the Cuckoo Valley』
 HOT RIVER(2009)
ゴキゲンなジャイヴ親父たちが陽気に登場するのは〈RISING SUN〉。賑やかな演奏とユーモラスなMCで、初見の人の心もガッチリ掴むことは確実だ。呑みながら観たい! そんなライヴの実録盤がこちら。*鬼頭

大橋トリオ
『A BIRD』
 rhythm zone(2009)
本作で聴かせたジャズ~AORのエッセンスを感じさせる緻密なサウンドが、広大な空に響き渡る――そんな想像でうっとりできる、いま注目度急上昇中のポップス職人は〈RISING SUN〉に登場。レイドバックした甘いメロディーは黄昏時に似合いそう。*鬼頭

吉川晃司
『Double-edged Sword』
 ユニバーサル(2009)
デビュー25周年イヤーに、まさかの〈RISING SUN〉参戦! 「ザ・ベストテン」世代としては“モニカ”や十八番のハイキックを期待してしまうが、ともかく色気たっぷりのキザな歌い口でヒット曲を連発し、老若男女をシビれさせるはず。*鬼頭

ストレイテナー
『Nexus』
 EMI Music Japan(2002)
4人編成となって初の本作では巧みなアンサンブルを獲得し、ポップかつ攻撃的に進化したテナー。ツアーを経て4人のグルーヴもますますタイトになったであろうこの夏は〈RUSH BALL〉〈RISING SUN〉に出演だ。3人時代の楽曲をどう奏でる!? *鬼頭

group_inou
『ESCORT』
 GAL(2009)
ライヴでの人気曲“RIP”が収録されたこの最新作も話題となったエレクトロ・ヒップホップ・デュオは、ロック色の強い〈RUSH BALL〉に参戦。ナードな見た目とは裏腹に、現場で培ったアッパーなステージングはそこらのロック・アクトより断然アツい! *土田

インタビュー