こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

観逃せないアクトが尽きない〈フジロック〉〈サマソニ〉から、マストどころをさらに厳選! (その1)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年07月01日 18:00

ソース: 『bounce』 311号(2009/6/25)

文/青木正之、鬼頭隆生、柴田かずえ、鈴木智彦、土田真弓

BURAKA SOM SISTEMA
『Black Diamond』
 Enchufada/Fabric(2008)
ディプロを筆頭に数々のアーティストを虜にした、ブーティーな革新的クドゥル・サウンドが〈フジロック〉に降り注ぐ! 本作のブリブリでアゲアゲの世界が果たしてどう再現されるのか!? 腰をフリフリさせて熱烈に迎え入れてあげよう! *青木

EASY STAR ALL-STARS
『Easy Star's Lonely Hearts Dub Band』
 Easy Star(2009)
ロックの歴史的な名作を創造性たっぷりにカヴァーしてきた革新的なレゲエ・ユニットが〈フジロック〉へ。レゲエ表現のあらゆるヴァリエーションに通じる猛者集団、さてどんなステージを披露するのか? ドキドキして待とう! *鈴木

ELI "PAPERBOY" REED & THE TRUE LOVES
『Roll With You』
 Q Division(2008)
清志郎が逝った年の〈フジロック〉で初来日する彼ら。JBばりの歌声を聴かせるシンガーは13歳の頃からブルースにハマり、ミシシッピに移り住んだという猛者だ。ホーン・セクションばりばりの熱いバンド・サウンドで、ライヴが本当に楽しみ! *鈴木

GOGOL BORDELLO
『Super Taranta!』
 Side One Dummy(2007)
リック・ルービンが手掛ける新作も待ち遠しい彼ら。昨年の〈フジロック〉に続き、今年は〈サマソニ〉を襲撃だ! アコーディオンやヴァイオリンが囃し立てる怒涛のジプシー・パンクが狂乱の宴を巻き起こす。生はスタジオ盤の何倍も熱いぞ! *鬼頭

GRIZZLY BEAR
『Veckatimest』
 Warp(2009)
レディオヘッドのUSツアーでオープニング・アクトを務め、大きな話題を呼んだブルックリンのクマたちが、最新作を携え〈サマソニ〉で初来日。緻密なプロダクションで構成されたサウンドスケープは、いったいどんな至福の世界を作り出すのか!? *柴田

LADY GAGA
『The Fame』
 Konlive/Interscope(2008)
いまいちばんホットなエレクトロニック・ディーヴァが〈サマソニ〉に見参! 6月の来日時は短いながらもエンターテイメント性に溢れたパフォーマンスを披露し、本格的なライヴに期待は募るばかり。こだわりの奇天烈コスチュームにも注目だ。*柴田

インタビュー