こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

最近のロックってどうよ……をトーキン・ロック!(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年06月03日 17:00

更新: 2009年06月03日 17:40

文/bounce編集部

アーティストは安っぽいもんじゃない

久保田「それにしても、いまのバンドっていうのは拡張性をあんまり感じないんだよね。くるりが2作目でジム・オルークとやって、その後もいろいろ音楽性を変えてきたりとか、スーパーカーが益子(樹)さんとの出会いによって後期の音になったりとか、そういう音楽的な可能性を広げたんだけど、彼ら以外に2000年以降はそういうバンドがいない。良く言えば完成されてる、悪く言えば意気地なし(笑)」

出嶌「器用な人は多いんだろうなと思いますけど。自己完結してるんですかね」

岡村「ただ、一方ではアーティスト同士の横の繋がりってすごく多くないですか。作品に参加し合うみたいな。それも正直良し悪しだと思っていて。ZAZEN BOYSの向井(秀徳)くんとかくるりの岸田(繁)くんは安売りしないんですよね。横の繋がりでサークルごっこっていうのに一線を引いてる感じがしていて。仲良しごっこっていうのに危惧は感じてる。自分たちだけで勝負できるっていう高い意識を持ってる人も減ってきてるし。アーティストがひょいひょいどこかに顔出してっていうよりも、ある程度アーティスト然とした側面をもって、良くも悪くも周りのアーティストとはライヴァル関係だと思って作っている人のほうが、ロックに限ったことじゃないですが、おもしろいかと」

出嶌「その通りですね。ゆら帝とかも超然としてるし」

久保田「それに最近この人の取材は緊張するっていうのもないでしょ」

岡村「向井、岸田、ナカコー(中村弘二、元スーパーカー、現iLL)は常に緊張を強いる相手で。そういう人たちのほうが話してておもしろいですよね」

久保田「ときどき〈こいつヘンな奴かも?〉と思わせる人のほうがすごい音楽作るっていう。それに初めて気付かされたのが向井秀徳だった。福岡時代からの付き合いなんだけど、取材の時は緊張するし、いまだなあなあにはならない、というかさせない人ですね」

出嶌「では、いまのバンドのなかで今後に期待したいっていうバンドはいますか?」

岡村「ミドリ、あと相対性理論とか?」

久保田「相対性理論……なんですかね?」

冨田「まだ謎が多い部分もありますし、今後どういった化け方をするか気になるバンドですよね。文脈的にも語りやすいじゃないですか。ああいう中央線文化とかオタク文化っていう2000年代要素が凝縮されている存在は、すごく語りやすいしいまっぽい。Perfumeもそういう存在だし」

岡村「相対性理論の良さはメディアに顔を出さないで、単純にどういう音楽なんだろうとか、どういう人たちがどういう音楽を聴いてこういうバンドを始めたんだろうっていうのを聴き手が勝手に想像できる余地を残してるんですよ。音楽以外で発信するものが一切なくて音楽そのものを楽しませる、理解させようとするって意味で彼らはすごくシンプルに音楽重視の姿勢を貫いてると思います。私アーティストのブログっていうのがすごい嫌いなんですよ」

出嶌「そういう親近感みたいなものが音楽を聴くうえで本当に必要なのか、ってことですよね」

冨田「ファンとしては自分と同じ目線であったりとか、共感できる部分を見ることができるからいいのかもしれませんけどね」

久保田「でも、そんな安っぽいもんじゃないんだよ、アーティストっていうのは。神秘性がどんどんなくなってるよね……っていうかこれ、いまのロックが盛り上がってるって話で締めるんじゃないの?」

インタビュー