こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Qomolangma Tomato

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年06月03日 17:00

更新: 2009年06月03日 17:40

文/土田 真弓

不安も葛藤もすべて受け止める、猛烈な言葉と音がシーンを〈動揺〉させる! 過去最高に自信の漲る快心作がついに完成したぞ!

  「青年期の闇をテーマにしたセカンドが自分の内に向かってどんどん問いかけていった作品だとしたら、サードは自分以外の世界があってこその作品。他人も――あと自分も、少し認めることができているというか。セカンドの曲は自分的に結構暗くて、重くて、ツアーとかを連続してやると、気持ちの消耗が激しかったんですよ。これはマズイなと思って。それで、自分を助けてあげられる……自分で自分を好きでいられるような曲を作ろうと。自分にはちゃんと、大事にしてるものが他にあるんだって」(石井成人、ヴォーカル:以下同)。

 Qomolangma Tomatoの3枚目となるニュー・アルバム『camouflage』の起点になったその楽曲とは、〈僕〉が自身の原風景に回帰しようと試みる様が投影された“動揺”。クライマックスにおいていよいよ決壊する轟音が、叙情も激情も呑み込んですべてを浄化していくこのエモーショナルなミディアム・ナンバーをはじめ、本作のなかで鳴り響いているサウンドは、どれも過去の2作品にはない開放感を纏っている。美しいグラデーションを描きながら飛翔し、メロディアスに歌うギター。鋼のような強度としなやかな躍動感を両立させるリズム隊――パンク、ハードコア、ファンク、ヒップホップなどが混在するカオティックな音楽性を一筋に束ねていくバンド・アンサンブルの妙が、今回の作品ではこれまで以上にはっきりと聴き取れる。

 「そういえば、コードとかハーモニーとかをこれまで考えたことなかったな、って。ギターとベースとヴォーカルの音が合うように意識すると、いろいろ変わるってことがようやくわかってきた(笑)。そうすることによって得られるカタルシスが、このバンドにとっては新しかったですね。他のバンドは普通にやってることなんだろうけど(笑)」。

 未来が不透明な自身の現実も、雑音のように頭から離れない社会との軋轢も、膨大な量の言葉で無差別に斬りまくった1作目『チョモと僕は柵の中』。20代半ばの若者が抱える等身大の闇と対峙した2作目『Limelight Blue on the Q.T.』。破壊的なリアリズムをリアルタイムで進化させる――そんな唯一無二のオリジナリティーは、本作においても日本のロック・シーンに多大な衝撃を与えるに違いない。

「今回は自分たちが出したい音や質感をホントに追求できたと思うし、達成感みたいなものはいままででいちばんあります。このアルバムが聴き手にどう思われたとしても、自分らを信じられる作品が出来たと思ってます」。

▼Qomolangma Tomatoの作品

インタビュー