こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年06月03日 17:00

更新: 2009年06月03日 17:40

文/岡村詩野

根本のところで、ちゃんとバンドでありたい

――ある意味、シリアスな作業現場だったと。

岸田 そう。いままでだったら、後からちょこっと入れてみたりするようなギター・ソロとかも全部ベーシック(の録音)で弾いてしまっていたんです。前は、そういうのを後から入れても「これは○○風でおもしろいね、寒いね、ハハハハ」とかって感じでジョークが出たりもしたんですけど、そういう会話が今回のレコーディングでは一切なかったんです。

――ある意味、内向きな作業だったと。

岸田 内向きでしたね。僕、途中で投げかけたりしたくらいですから。まあ、その分、佐藤くんがいろいろ考えてくれましたね。曲順を考えたのも佐藤くんだし。

――つまり、歌詞を通じて岸田くん自身が内面とダイレクトに向き合う作業だった、だからシンガー・ソングライターっぽい作品で、途中、作業の現場がシリアスにもなった、ということですか。

岸田 そうだと思います。これ、曲順は佐藤くんが考えましたけど、結果として、一人の主人公、それは僕自身なのかそうじゃないのかはわからないですけど、その主人公がちゃんと最初から最後までつながって動いているようなアルバムになっていると思うんです。どういう心境で、どういう変化をしていって、どういう思いでどうなっていくか、というのがレジュメされている。レジュメしたのは佐藤くんなんですけど、それが本当に完璧なんですよね。だから、ある種コンセプト・アルバムやなあと。

――あくまで結果として、ストーリー性が明確にある、という意味においてコンセプト・アルバムだと。

岸田 そうです、そうです。だから、こう、若いバンドみたいやなあって思いますよ。バンドとしての若さはないかもしれないけど、一つ二つの大きな気持ちみたいなものが割とちゃんと音になっているという意味で、若いバンドみたいやなあと。例えば、“Natsuno”を2年くらい前に演奏してたら、もっと熟練の技みたいなものを考えた仕上がりになっていたと思うんですよ。バーズっぽくしようとか、このギター・ソロはニール・ヤングっぽいのがいいでしょ、とかね。でも、いまやってみたらすごくスポーティーに聴こえたんです。言ってみればグリーン・デイみたいな。まあ、“背骨”とかにも言えることやねんけどね。

――カジュアルなタッチを欲していた、ということなのかな?

岸田 かもしれへん。そういうのって作るもんやなくて、あくまで感覚でしょ。普段そういう感覚をなくしていたってことなのかもしれへんね。

――カジュアルさを取り戻したいという意識の現れだったと?

岸田 うん、普段からそんなこと考えてなかったんやけど、〈ワルツ~〉の後の横浜でのライヴの時なんて、俺、もう、宇宙人やったから(笑)。

――そろそろ生身の人間に戻りたいと。

岸田 そうやねえ。

――ただね、私は岸田くんのソングライターとしての素の状態がストレートに出たこのアルバムに対しては全面肯定だけど、やっぱりポスト・プロダクション的な作り方をしていないということで、〈頼りないアルバムだ〉という見方が出るかもしれないと思うのね。

岸田 だと思います。でもね、アホみたいな話に聞こえるかもしれへんけど、今回のってちょっとメジャーの一作目(『さよならストレンジャー』)に近いんです。僕の感覚では。だから、もしかしたら、次は『図鑑』みたいなアルバムになるかもしれへん(笑)。いま、『図鑑』の曲聴いたら染みるんやわ~、これが(笑)。結局ね、バンドでありたいと思うんです。自分自身に戻りたいし、なりたい。三柴さんとか内橋さんとか、素晴らしいミュージシャンとやれることは幸せなんですけど、そういう人たちを使いこなすような、そういうバンドではいたくないんです。根本のところでちゃんとバンドでありたいんですよ。今度のツアーもトリオでやると思うし。

――でも、バンドの体を整える作業が依然として続いていると。それは、ロック・バンドとしてのスタンダードな状態を求めつつ、何をやってもハミ出てしまうことの居心地の悪さとも戦っていく、というアンビヴァレントな作業だと。

岸田 例えば、内橋さんなんかは僕らといっしょにやる時には自分のなかのロックっぽい引き出しを開けてくれたわけですよね。でも、僕らはやりたいことが決まっている。本当はもっと器用にやれたらええなと思ったり、それができない自分にもどかしかったりもするんですけど、尊敬する遠藤賢司さんなんかを見ていると、アレしかできないということっていいなと思うんですね。で、くるりはそれをストレートに見せるのではなく、ユニヴァーサルな見せ方のできるバンドだなと思うんですよね。インディーで気持ち悪いことをやってる頃から、そこは変わってないですね。

佐藤 まあ、何をやっても結局、地が出てしまうと思うんですよね。やっぱり最初がロック・バンドやったんで。

インタビュー