こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年06月03日 17:00

更新: 2009年06月03日 17:40

文/岡村詩野

歌詞に込められた〈思い〉がちゃんと伝わる曲にしたかった

――ええ。プロダクションを構築していくことの快感は、おそらく〈ワルツ~〉と比べるまでもなく今回は少なかっただろうと思えます。では、そういうサウンドを構築していく快感にとって代わる別のカタルシスは、“さよならリグレット”以降の曲や今回のアルバム制作においてどういうところにあったと言えますか?

佐藤 そういうのはなかったんですよ。だからホンマに不安やったですよ。カタルシスっていうか、例えばコンセプトが最初にあったら、それに見合ったものが出来てるかどうかが一つの満足感になってくわけですけど、今回はホンマに曲次第やから。繁くんにとってどういう曲なのかというのはあるやろうけど、それがどう育っていくかはわからへん。エエ曲が出来てはいたけど、それがアルバムになった時にどうなっていくのかは誰にもわからへんかったんで。


岸田 うん、カタルシス、なかったですね。まあ、少なくともアレンジとかそういうのでの快感はないですよね。今回はダビングも相当少なめだし、使っている楽器も最低限。これまでだったらバンジョーとかブズーキとか、ベースでもアップライトを使ってみたりとか、そういうのを採り入れていたのを、今回はせいぜい鍵盤くらいにしてあるわけでね。ギター・アンプとかもスタジオにはたくさんあったんですけど、なんかもういちいち試したりするのが邪魔臭くて(笑)。可能性を広げるためにウダウダ~ってなるのをやめたんですよね。その場でできることを優先的にやるっていうか。今回は、レコーディング前に弾き語りでできる状態で曲があったんですよ。メロディーと歌詞と大体のテンポとが決まっていて。

――じゃあ、その時点でテーマ性とかコンセプト云々ではない、シンプルに歌ありき曲勝負のアルバムになるだろうと。

岸田 そう。だから、マスタリングが終わって聴いてみて「あ、いいアルバムやな」ってやっと思えた(笑)。最後の最後まで全然自信が持てへんかった。ヘタしたら駄作を作ってもうたかな、と思ったこともあったしね。

――では、何故ここまで歌ありきの曲が出来てきたんだろう、と自分で分析します?

岸田 やっぱり歌詞でしょうね。歌詞とかに込められた〈思い〉みたいなものを歌う……それがちゃんと伝わる曲にしたかったってことだと思いますね。例えば〈ワルツ~〉の曲は、メロディー自体はシンプルだったんですけど、やっぱりああいうプロダクションだったんで、こう、もっと歌を〈張って〉いく必要があったんですよ。あるいは、書かれた言葉一つ一つが言霊だったっていうか。でも、今回のアルバムはストーリーがあって、1曲1曲のヴィジョンが明確だったんで、やっぱりちゃんとメロディーがあって、それを丁寧に聴かせるような曲にする必要があったんでしょうね。

――その時期、ストーリー性のある歌詞が生まれてきていたということ?

岸田 まあ、歌詞だけじゃなくてポンとメロディーも同時に出来ることが多かったですけどね。ちょっと作ってしばらく寝かしたりとか、そういうのをあまりしてないというか。“愉快なピーナッツ”とかも最初にイントロのギターが浮かんできて、そのままメロディーに入っていって、って感じで自然と出来上がった曲で。多分、素直に曲が書けてるんやろなって思ってました。ただ、バンドで作ったわけじゃなくて、自分一人で作って出来た曲だから、どうしてもシンガー・ソングライターっぽい感じになってしまうんですよ。例えば、いま、ツアーに備えてリハで『図鑑』の曲をやったりしてるんですけど、やっぱりあのアルバムの曲はバンドで作り上げた曲だからバンドで演奏するのにイイんですよ。でも、そういうのが今回はすごく少ない。ほとんどない。ただ、そういう(歌詞を素直に聴かせる)曲って最近のレコーディングではなかった感覚だったんですよね。

インタビュー