こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年06月03日 17:00

更新: 2009年06月03日 17:40

文/岡村詩野

2000年代のロック・シーンの代表選手は、まだまだ〈最高〉を更新し続ける


  もしかすると、発火点のない、不発弾のような曲が並んでいる印象を受けるかもしれない。歌メロに対して100%の意識が傾いた曲を前に、あるいはストイックな感触をそこに見い出す人もいるだろう。だが、誰が何と言おうと、私は言い張る。くるりのニュー・アルバム『魂のゆくえ』は、少なくとも岸田繁のソングライターとしてのロマンティシズムが開花するべくして開花した大傑作であると。いや、ソングライターとしてのセンスはとうに開花している。だが、言葉で伝えるべき物語がそこに厳然とあり、それがしっかり結ばれているという点では過去にはまったくない一枚であり、内側に内側にと掘り下げていった末に辿り着いたコアのような一枚でもある。そういう意味でレコーディングは、ある意味エクスペリメンタルな作業であっただろうことが想像できる。三柴理、内橋和久、堀川裕之といった、去年の主だったツアー・メンバーの他、NOISE McCARTNEYからデビューした世武裕子、権藤知彦(anonymass)、佐藤良成(ハンバートハンバート)らも参加した『魂のゆくえ』。これまでは重厚だったり複雑だったりするサウンド・プロダクションに創作意欲を傾けていた岸田繁のカタルシスの変化とは、どのような心境によるものだったのだろうか。

――まず告白すると、これは相当いいアルバムだと思いました。ポスト・プロダクションを意識して作っていないアルバムとして、曲そのものの良さをほぼストレートに出した作品としては、もしかすると『さよならストレンジャー』以来かもしれない、と。

岸田繁(ヴォーカル/ギター) ありがとうございます。実際、バンドで作った曲はないですからね。基本、僕が一人で作った曲をバンドで合わせたというか。

――それが最初の出発点だった? 〈今回はサウンドありきではない、シンガー・ソングライター・スタイルで作ろう〉と。

岸田 いや、それを先に考えていたわけではなくて。それどころか、NY録音なんてのも……。

佐藤征史(ベース) 全然考えてなかった(笑)。

――でも、言われるでしょう? ブルックリン録音だとあれやこれやと。

岸田 ねえ。最近のブルックリンのシーンがどうとかね。でも、僕ら、そういうのホンマに何も考えてなかったんです。トム・デュラック(『さよならストレンジャー』などを手がけたエンジニア)がたまたまNYの人だったっていう、ただそれだけなんですよ。最初、エンジニアを誰とやろうかなって考えていた時に、日本でやりたい人のスケジュールが取れないとかいろいろあって。エンジニアって大事でしょ? それでトムに会いにいって、じゃあ、やろうってことで。本当にそれだけ。でも、一応はブルックリン録音やから、ポスト・プロダクションを意識して作ったんやろうと思って、今回はみんな僕らのところにそういう話を訊きにくるわけですよ。で、思いっきり肩すかしを食らうと(笑)。

佐藤 まったくそういうのに影響されていないの、聴いたらすぐわかりますけどね。

岸田 うん。「一体いつの時代のアルバムや」っていう曲もあるし(笑)。

佐藤 時代性のまったくないアルバムやって。

岸田 という話を、作業が終わって聴きながら話したりはしたけど。「そういえば」って。

――やはり、これまではある程度、時代性を意識していたと。

岸田 インディーズの頃はそんなん考えてなかったけど、まあ、そうかな。『アンテナ』とかはそうかも。でも、今回は曲書いた時点からそういうの、関係なかったからなあ。

インタビュー