こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

DETROIT RAP CITY エミネムと上昇してきた地元の仲間たち、シェイディ軍団、サウンド職人たちを総覧!!(その2)

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2009年05月28日 17:00

更新: 2009年05月29日 19:54

ソース: 『bounce』 310号(2009/5/25)

文/出嶌 孝次

【SHADY ALL-STARS】 エミネムのレーベル=シェイディがD12以外で最初に契約したのは、地元の苦労人オービー・トライスだ。2004年にアトランタのスタット・クオが加わり、その後キャシスとボビー・クリークウォーターも契約。この陣容でコンピも発表しているが、アルバムを4年間も待たされたスタットは離脱。オービーもインタースコープとモメて去っている。残るふたりの面倒を見きれるかどうか?

【HUSH】 ダ・ラッカスなるグループでD12らとシノギを削ってきたデトロイトのMC。メジャー・デビュー作の『Bulletproof』にはエミネムもプロデュースで参加していた。

【TRICK-TRICK】 90年代序盤から活動するMCで、プルーフとグーン・スクワッドなるグループも組んでいたエミネムのローカル仲間。2005年にエミネム制作の“Welcome 2 Detroit”を含む『The People Vs.』でモータウンからメジャー・デビュー。2作目『The Villain』でもエミネムの3曲にドレーの1曲……とシェイディ軍団から厚遇されているのはプルーフの親友だったから?

【G UNIT】 ドレーとエミネムが見い出した50セントのユニット/レーベル。50セントの“Many Men”や“I'm Supposed To Die Tonight”、ロイド・バンクスの“On Fire”、ヤング・バックの“Lose My Mind”など、エミネムがプロデューサーとしての手腕を大いに発揮できる場でもある。ただ、エミネムのビートと相性の良かったゲームなど、50の暴れっぷりのせいで絡みづらくなった相手が多いのは難点か。

【DR. DRE】 エミネムを見い出したビッグ・ボスにして、プロダクション・スキルの面での師匠。エミネムを『The Slim Shady LP』で送り出した99年末の『2001』以来、実に10年ぶり(になってしまった)新作『Detox』が本当にリリースされるのか……と5年ほど同じことを書いてる気がする。ただ、ほぼ全曲を手掛けた『Relapse』を聴く限り、ビートは絶好調だ!

インタビュー