こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

■LIVE ALBUM

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年03月26日 16:00

更新: 2009年03月26日 17:56

文/澤田大輔、土田真弓

藤原ヒロシと曽我部恵一 『LIVE@HOME』 TUNE BAKERY

  近年は、それぞれが気ままなアコースティック・ライヴを繰り広げてきた藤原ヒロシと曽我部恵一。彼らのサプライズな共演ライヴをパッケージングした1枚が登場。フェアグラウンド・アトラクションのオールドタイミーな“Perfect”、マドンナの大ヒット曲“Like A Virgin”、クラッシュも取り上げたジュニア・マーヴィンのレゲエ名曲“Police And Thieves”、そして言わずと知れたビートルズの“Strawberry Fields Forever”という4曲を、ギターを爪弾きながらごくごく自然体でカヴァー。途中で藤原が「なんか家でやってるみたいで良いですね」と語るとおり、全体に漂うリラクシンなムードがひたすら心地良い。ソフトでいてハスキーな二人のヴォーカルの掛け合いも相性ばっちり。両者の音楽の芯に共通して見出せるメロウネスにどっぷりと浸ることができる、極上の和み盤です。INO hidefumiを迎えてのリハーサル音源2曲もボーナス・トラックとして収録! *澤田

8otto 『Hellow!! We are 8otto!!-LIVE TOUR 2008-』 BMG JAPAN

最新アルバム『HYPER,HYP8R,HYPER』のリリース後に行われた全国ツアーの各公演から厳選されたライヴ・アルバム。ドス黒いグルーヴと鋭利なリフでエキサイティングに盛り上がる現場の空気を日本のスティーヴ・アルビニ=ヨシオカトシカズがリアルに再現している。また、付属のDVDに収録されたユル過ぎるオフショットとストイックなライヴ映像とのギャップも一興だ。こちらでは、Itscoに提供した“手のなる方へ”の8ottoヴァージョンも初音源化されている。*土田

CALM 『MILESTONE』 MUSIC CONCEPTION

2000年に新宿LIQUIDROOMで行われたライヴの音源が、9年の歳月を経てついに正規発売。CALM&カルテット編成のバンドが放つ、フィジカルでいて凛としたアンサンブル。その空気感は、まるで70年代のスピリチュアル・ジャズのよう。特に、ピアノの独奏で幕を開ける“Light Years”のモーダルな美しさはため息もの。3曲のボーナス・ライヴ音源も追加収録してます。*澤田

nhhmbase 『ALIVE AT THE WALL』 &

昨年12月に解散を発表した第一期nhhmbaseのラスト・ステージ=2008年11月2日の台北公演を密封した初のライヴ盤。リリースのきっかけは残念だが、あの荒唐無稽なパフォーマンスの音源化は嬉しい……と、いちファンとしては複雑な心境だが、不穏に蠢き、暴走する変拍子の破壊力はやはり特筆モノ。〈第一期〉の最大の美点=〈生演奏によって生じる変拍子の絶妙なズレ/暴力的な揺らぎ〉が渦巻く本作は、これまでの彼らの集大成的な一枚と言えるだろう。*土田

ムーンライダーズ 『MOONRIDERS 1980.10.11 at HIROSHIMA KENSHIN KODO』 MOON RIDERS

恒例のアーカイヴ・シリーズ第4弾は、80年に広島で行われたライヴ音源。同年に発表された『カメラ=万年筆』の大半の楽曲が投入されており、アルバム以上にパンキッシュかつトリッキーなアレンジに大興奮。そのほかのナンバーも、『カメラ=万年筆』タッチのポスト・パンク・サウンドへと換骨奪胎されている。海外のニューウェイヴ勢とタメを張ってた時期の彼らを見事に映し出した1枚。*澤田

インタビュー