こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

TECHNO / BERAKBEATS - PAVIRION OF ELECTRONICA Part.1

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年02月19日 18:00

更新: 2009年02月19日 18:59

文/澤田大輔、土田真弓

 さまざまなジャンルに溶け込み、サウンドに空間的広がりを与える電子音楽――エレクトロニカ。当博覧会では、ここ2~3年に発表された作品を中心にテーマごとのパビリオンを設置しております。ごゆるりとご鑑賞いただければ、これ幸い。但し、変幻自在の音であるがゆえに、いつのまにか入り口に掲げられていたテーマとは別のパビリオンに迷い込んでいる……といった不思議体験も想定されますので、ご了承ください!? 第一弾は、テクノ/ブレイクビーツ編です。

■TECHNO

agraph 『a day, phases』 キューン(2008)

電気グルーヴやDISCO TWINSの作品に関わってきたエンジニア、牛尾憲輔のデビュー作。ダンサブルな強いビートは排しながらも、いくつかのシーケンスを組み合わせることで、うねりのあるトランシーなグルーヴを徐々に焙り出していく。壮大かつドラマティックな筆致で夜明けから日没までを描出した、美しきエレクトロニック・リスニング・アルバムだ。*澤田

PsysEx 『psx_vi』 Underground Gallery(2008)

京都に拠点を置く電子音楽家、糸魚健一のソロ・プロジェクトによる4作目。エレクトロニカ~クリック・ハウス的な手法を用いつつ、クラフトワークにルーツを求めるような、徹底的にマシナリーなグルーヴを追求している。この叙情性のカケラもないクールっぷりは唯一無二! リスペクトを寄せるカールステン・ニコライ(アルヴァ・ノト)のリミックスも収録。*澤田

suzukiski 『OZMA』 LOGIC/SOUP-DISC(2006)

KEN ISHIIやSusumu Yokotaにも匹敵するキャリアを誇るヴェテラン、suzukiskiによる、自身のレーベルからの最新作。アンビエントもデトロイト・テクノもエレクトロニカも通過したうえで鳴らされる、自由自在のサウンドスケープにうっとり。初期のハウスを思わせるエレガントな旋律やビートも作品の端々に刻み込まれており、そこから立ち昇る官能性がまた素晴らしい。*澤田

VARIOUS ARTISTS 『HUB SOLO & COLLABO 2006-2008』 op.disc(2008)

半野喜弘と田中フミヤが主宰するダンス・ミュージック・レーベル、op.discの2枚組コンピレーション。Disc-1にはレーベル・メイトのコラボ楽曲を、Disc-2にはレーベル作品をDJミックスでそれぞれ収録。クリック・ハウス以降のファンクネスを追求した先鋭的なトラックが並んでおり、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの最前線を知るにはうってつけのショウケース・アルバムだ。*澤田

■BREAKBEATS

Caelum 『Weather Report』 Around the Records(2008)

WORM EATEN CONSEQUENCESとしての活動も知られるkoutaro Tsukaharaの新名義第1弾。エッジの効いたビートを様々なフォルムで響かせながら、そこにデトロイト・テクノを思わせる叙情的なメロディーを注ぎ込んだ一枚。特に、初期ボーズ・オブ・カナダに通じる太いビートにクラシカルなピアノの旋律を組み合わせた“Her Dimples”が甘美過ぎて、思わず夢心地。*澤田

NINI TOUNUMA 『TOUNUMA NINI』 EASEL(2009)

Spangle call Lilli lineのヴォーカリスト、大坪加奈のソロ・プロジェクトによる初作。すべて宅録されたという本作は、全体がどこかアンニュイな空気に覆われたベッドルーム対応型のダンス・ミュージック・アルバム。ソフィスティケイトされたブレイクビーツと妖艶に囁かれる歌、それらの媒介となるシンプルなシンセ音とアンビエントな音響処理。感情を抑えたプロダクションでありながら、どのパーツを抜き出しても人肌の温もりを感じるから不思議だ。*土田

Harp On Mouth Sextet 『Sound Garden』 Imagined(2008)

TENORI-ON奏者としても知られる関西の電子音楽家、RUBYORAとパーカッショニスト、改造ハーモニカ隊から成る8人編成バンドの2枚組。平安時代の宮廷音楽を現代解釈した彼らのサウンド=エレクトロニカ雅楽は、テクノ、ハウス、ブレイクビーツを下敷きに、躍動的なリズム、スピリチュアルなハーモニカの調べがダイナミックに乱舞する超絶ダンス・ミュージック! 特にDisc-2のスタジオ・ライヴ録音版“大団演舞 最終章”の凄まじいグルーヴと言ったら……脳内トリップを確実に保証。*土田

LisM 『reverso』 disques corde(2007)

ミニマル・テクノの作り手として活躍してきたGo Hiyamaが新たな名義で発表した逸品。これまでのハードでフロア・オリエンテッドな作風から一転、ここではエレクトロニカ~アンビエント的手法による、たおやかなダウンビートを聴かせてくれる。ジャズの香りが漂う“The Brown Groundwork”や、女性ヴォーカルをフィーチャーした“mira-me”といった楽曲もあり、振り幅の広いサウンドが堪能できる。*澤田

インタビュー