こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

COMA-CHI × サイプレス上野とロベルト吉野(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2009年02月05日 15:00

更新: 2009年02月05日 18:00

文/一ノ木裕之

――ヒップホップとの繋がりの話はどう?

COMA-CHI 私はNITRO(MICROPHONE UNDERGROUND)とTHA BLUE HERBは最初にがっつりハマったけど、同じ時期に(キング)ギドラとかRHYMESTERの昔のやつ、ジブ(ZEEBRA)さんのファーストとか、ホントそういう黄金期のものも聴いてて。ロベさんって誰に影響受けたんすか? 高校時代とか。

吉野 高校時代はボビー・ブラウンとかベイビーフェイスとか。DJでも普通にガブリエルとかかけてた。“I Wish”とか。周りはチーマーとかギャングっぽい人がいっぱいいたから、逆にそういう感じで。

COMA-CHI そういう話、(これまで)してこなかったよね、意外に。馬鹿みたいな話しかしてなかったってことで、いまここで収穫が。

上野 吉野はメロウなDJやってたもんね、CIRCUS(横浜のクラブ)で。

吉野 CIRCUSの裏に結構レア盤があるんで、パクってました。

上野 ハコDJがレコード盗んでいくんだからたまったもんじゃねえ(笑)。

COMA-CHI それがいまじゃ、こんな風になってね。

――じゃあお互いの音楽についてはどう思ってる?

COMA-CHI ホント、全然違うから。スタイルから好きな方向性から、何からね。だからいいと思えるし、人間としても仲いいし。

上野 そこはフラットだよね。対談とかも変な感じだよ。

COMA-CHI こう改まるとね。酒もないし、買ってこさせますか(笑)。でも、2人はBボーイ・スタンスをとことん守り続けてるっていうか、男らしいよね。自分のドリームにこだわったり、ターンテーブルのショウにあくまでこだわるところとか。“Dear Mama”でも泣かせたね。「ババア」とか言っちゃってるけど、涙腺を誘うみたいなところは男の泣かせ方かなって。そこをブレずに貫いてるのがすごいな。

上野 (COMA-CHIも)男だな、その辺がわかるっていうのは。

COMA-CHI ロベさんには破天荒、アナーキーなとこもあるけど。

吉野 ホントにストイックな奴だったら、朝起きて速攻DJやるんじゃないですか、顔洗うより。

COMA-CHI そういうタイプなんすか? あ、やってたもんね。

吉野 最近そんな感じだよ、ホントに。

上野 だって吉野、俺が部屋入っても気づかないからね。半ケツ出しながら、座ってやってて。

吉野 あの練習が、要はラッパーで言うフリースタイルみたいなもんで。

――逆にCOMA-CHIについて2人は?

上野 いままでフィメール・ラッパーもすごいいたけど、COMA-CHI見てると(男女の境界がない)ただのラッパーっていうか、着替える部屋が一緒でも違和感ないっていうか。

COMA-CHI それ、いいのか(笑)? サウナとか一緒に行きたい感じ?

上野 そうそう。一緒に入って乳首が見えててもムラムラしないっていうか、ヒップホップ的にBボーイイズムが超あって……何言ってんだかわかんねえ(笑)。

吉野 いや、まあ同じ匂いがするっていう。

上野 芯が通ってて、会話ができる。野球部にいるプレイヤーの女子って感じかな。チンチンが生えてそうみたいな(笑)。

吉野 下ネタから対等に話せる人となりを知ってるから、ライヴ観ても普通にヤベえなって感じだし、なおかつちょっと違った視点で観れるからおもしろい。

上野 COMA-CHI系のギャルとか増えるよ。新作聴いてそう思った。前作はCOMA-CHIの芯が通ってる部分がすげえ出てて、その時点からフィメール・ラッパーって枠じゃないって思ったけど、今回のアルバムは歌も増えて、ちゃんと女子に向けてる曲もあるじゃん。だからビルドアップされたと思うし、頼もしいというか。とりあえず、いまのうちにまた触っとくかみたいな? 一線は越えずに。

――はは(笑)。改めてお互いにエールをひとつ。

上野 またいつかヤリましょう(笑)。どう? 吉野。

吉野 自我を越えて頑張ってください。

上野 ハードル高えなあ(笑)。

――COMA-CHIから2人には?

COMA-CHI これからも末永く……❤

上野 (笑)……これで終わり!?

▼COMA-CHI、サイプレス上野とロベルト吉野の作品

インタビュー