こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

STOP PLAYIN A WALL 耳で聴いたピープル・トゥリー

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2009年01月15日 12:00

更新: 2009年01月15日 17:43

ソース: 『bounce』 303号(2008/9/25)

文/狛犬、出嶌 孝次、山西 絵美

ZEEBRAをめぐる音楽の果実は、ここに一本のトゥリーを生んだ

K DUB SHINE
『理由』
ATOMIC BOMB/ソニー(2004)
合わせ鏡のような存在なのか、腐れ縁なのか、下世話な意味からしても目が離せないのがZEEBRAと彼の関係。〈オレは東京生まれ、渋谷育ち~〉なんてサラリと語られる本作でも過去のあれこれが証言されていたりして、互いにネーム・ドロップしてる様子だけでも妙に嬉しくなるのだった。
(狛犬)

SLICK RICK
『The Great Adventures Of Slick Rick』
Def Jam(1988)
ストーリーテリングの技量と滑らかなフロウで評価を浴びた天才MCの名盤。ZEEBRAは“CHILDREN'S STORY”“Teenage Love”と彼との同名曲を重ねているが、ここまで具体的な例は案外珍しく、特別な思い入れがある存在なのかもしれない。そういえば20年前のリリースだ!
(狛犬)

OZROSAURUS
『ROLLIN' 045』
FUTURE SHOCK/ポリスター(2001)
ZEEBRAがリリックで言及してまで認める後進の存在といえば、まずMACCHOが思い浮かぶところ。数々の日本語ラップ・クラシックのビートをジャックしていくZEEBRAの新曲“Jackin' 4 Beats”にて、フィニッシュを飾るのがOZROの“AREA AREA”であるのも示唆的だ。
(出嶌)

MOOMIN
『すばらしい世界』
ユニバーサル(2008)
V.I.P.軍団や三木道三、MIGHTY CROWNファミリーの面々など、90年代から日本レゲエ界の要人たちと密なコラボを繰り返してきたZEEBRA。だが、意外にもMOOMINとは本作収録の“ゆれるロマンス”が初合体とのこと。切ない大人の恋を描いた絶品ミディアムは、双方のシーンが成熟したいまだからこそ表現できたものかも!?
(山西)

加藤ミリヤ
『TOKYO STAR』
ソニー(2008)
リメイク姫が“FUTURE CHECKAで挑んだのは、言わずもがなZEEBRAの代表作にして日本語ラップのクラシック“PARTEECHECKA”! しかも、その直前には“My People”で共演するなど何かと縁深い両者だが……そういえばミリヤさんはSPHERE of INFLUENCEとも仲良しなんですよね?
(山西)

RUN DMC
『King Of Rock』
Profile/Arista(1985)
本来ならKRS・ワンを挙げるべきなのだろうが……何やかや言われながらも世間に向けてマイクを握り続けるZEEBRAの姿勢は、ポップ人気を恐れなかった彼らの姿ともかぶる。なお、故ジャム・マスター・ジェイとの交流も明かされる“GOLDEN MIC(REMIX)”によれば〈K DUBがDMCで俺がラン〉だそう。
(出嶌)

インタビュー