こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

GRATEFUL DAYS 口は災いの元、なのか?

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2009年01月15日 12:00

更新: 2009年01月15日 17:43

ソース: 『bounce』 303号(2008/9/25)

文/出嶌 孝次

 〈俺は東京生まれ/ヒップホップ育ち〉の一節で始まるZEEBRAのラインは、日本語ラップにまったく興味がない人でも何となく知っているほどのフレーズだろう。もちろん、Dragon AshがACOとZEEBRAを迎えて大ヒットさせた“Grateful Days”(99年)におけるZEEBRAのヴァースだ。よくできた良い曲だと思う。が、翌年にDragon Ashがリリースした“Summer Tribe”でkjのラップがあからさまにZEEBRAのフロウ/リリックを模したものだったため、両者は関係を断つことになり、この曲もほぼ封印されてしまった。ZEEBRAはメディアでの発言やDJ OASIS“ハルマゲドン”などの客演曲にて〈警告〉を続けたが、最終的にはギドラの“公開処刑”で名指しのディスを浴びせている。そして、kjのアンサーもなくこの件は終息した。今年公開のオムニバス映画「R246 STORY」にてVerbal(m-flo)が監督を務めたドキュメンタリー「DEAD NOISE」ではこの件を掘り下げている(ZEEBRAもインタヴューを受けている)。ヒップホップ・マナーでは当然のアクションでも、共有ルールのない相手を同じ土俵に乗せるべきか答えはそれぞれだろうが、なかなか難しい話ではある。なお、この手の話ではNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの“毒々”でS-WORDがZEEBRAをディスるような一節を披露しているが……やはり話題になってナンボという側面はあるようだ。

インタビュー