こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ONE LOVE, ONE FAMILY 新たな動きも見え隠れするURBARYAN GYMの過去と現在

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2009年01月15日 12:00

更新: 2009年01月15日 17:43

ソース: 『bounce』 303号(2008/9/25)

文/一ノ木 裕之

 ZEEBRAを筆頭に、彼の周辺で活動するメンツが集うクルー=UBGことURBARIAN GYM(リリックいわく〈都会の野蛮人〉)。その活動開始の正式な時期についてはあきらかな記録こそないものの、キングギドラの活動休止期にスタートしたのは間違いない。INDOPEPSYCHICS+OSUMI+DEJJAとのスプリット・シングル『DOUBLE IMPACT E.P.』(97年)に収録され、ZEEBRA+T.A.K THE RHYMEHEAD+UZIという、UBGのクルー・メンバーとなる3人がマイクを握ったT.O.P. RANKAZ名義の“Inner City Groove”は恐らくそのお披露目ともいうべき一曲となるのだろう。同曲のアウトロ部分ではUZIがUBGの名を謳い、アナログなどの盤面にもUBGのロゴが使われていた。クルーは先の3人に加え、ZEEBRAのライヴDJを務めたDJ KEN-BO、トラックメイカーのINOVADERら初期からの中心メンバーに、ZEEBRAのサイドキックを経てデビューしたOJ&ST(現在はOJ FLOWのみソロで在籍)、KM-MARKIT、さらに近年ではAKTIONこと真木蔵人や、トラックメイカーとして広く活動中のDIORI A.K.A. D-Originuなども巻き込んでクルーは増殖。メンバーのMC陣はいずれもZEEBRA譲りともいうべき硬派な世界と、無骨なラップ・スタイルを貫いているのが特徴だと言える。近年はUBG RECORDSとしての動きも加速しており、先頃はクルーのストリート・アルバムも初めて発表(公式サイトでのみ流通)するなど、今後はより草の根的な活動も展開していくことになるだろう。
▼新旧UBG構成員たちの作品を紹介。

インタビュー