こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年12月25日 10:00

更新: 2008年12月25日 17:50

ソース: 『bounce』 306号(2008/12/25)

文/bounce編集部

静岡ロックンロール組合 『永久保存盤』 デッパ/DECKREC 
73年に静岡の高校生バンドが衝動だけで鳴らしたティーンエイジ・ロックンロール秘蔵音源集。東日本の村八分、、パンク以前のDIY……現代ロックはボロ負けか!? デッカならぬデッパという自主レーベル名も微笑ましい。
(出嶌)


SOUND DIMENTION 『Mojo Rocksteady Beat』 Soul Jazz 
スタジオ・ワンのハウス・バンドが60~70年代にかけて吹き込んだファウンデーション・トラック集。現行ダンスホールでもリメイクされまくっている永遠の名オケがズラリと並んでいて、若いファンを中心に喜ばれた。
(西尾)

X-102 『Rediscovers The Rings Of Saturn』 Tresor 
アンダーグラウンド・レジスタンス首領マッド・マイクとミニマル宇宙人ジェフ・ミルズによる伝説のユニットがリユニオン・ライヴに合わせて名盤を復刻! これぞハード・ミニマル+デトロイト・テクノの究極型です。
(石田)

『African Scream Contest』 Analog Africa 
発掘が進む西アフリカ系ファンク音源のなかでも、2008年の目玉はコレ。JBも真っ青な、ディープでサイケで真っ黒な音の数々にブッ飛ばされた人も多いのでは? 同コンピの続編も含め、まだまだレアなブツが出てきそうですよ。
(西尾)

『Conquer The World: The Lost Soul Of Philadelphia International Records』 Sony BMG 
〈ロックの殿堂〉入りしたギャンブル&ハフのレーベルも復刻作業が活発化。レアなシングルから成る本コンピは、無名の曲でも質が高いフィリー・ソウル名門の懐の深さを知らしめてくれた。
(林)

『Disco Italia - Essential Italo Disco Classics 1977-1985』 Strut 
〈デケデケベース&ハデハデシンセ〉から〈ブギーでミッドテンポ〉へと発掘対象が微妙に変化した、イタロ・ディスコ再評価の現在を捉えた一枚。名門ストラットの再復活も嬉しい限りです。
(櫻井)

『NO SHIBUYA: Electro, Dub & Breaks』 Solid 
80年代前半の和製ノーウェイヴ音源をまとめた驚異のお宝盤。コズミックやエレクトロ、ディスコ・ダブといったモダンな文脈から聴くおもしろさもあるが、単純に白石隆之やSYMPATHY NERVOUSらの音源史料としても貴重!
(出嶌)

『Soul Galaxy』 ユニバーサル 
話題騒然となった70'sソウル・コンピ。マーキュリーやポリドールなどを原盤とするソフトでモダンでスウィートな7インチ曲を日本のソウル・バー感覚(?)でチョイス。マニアじゃなくても気軽に入りこんでいけるような親しみやすい曲ばかりでした。
(林)

記事ナビ

インタビュー