こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ELECTRO BLOWS!!!

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年12月25日 10:00

更新: 2008年12月25日 17:50

ソース: 『bounce』 306号(2008/12/25)

文/出嶌 孝次

ショックを受けてる場合じゃないぜ!

 もしあなたが後年〈2008年って何があった年なの?〉と問われたら、〈日本でエレクトロがギンギンになってきた年だよ〉とでも答えてやれ。そう、まさに2008年の日本の音楽シーンの先端部分はエレクトロ・ドミネーション(略さないでね!)と形容しても差し支えないほどのものだっただろう。オーヴァーグラウンドではcapsuleの中田ヤスタカが鮮やかなカーヴを描いてエレクトロ・ドライヴを繰り広げ、大沢伸一と組んだ安室奈美恵を筆頭に、ロックからR&Bからヒップホップから、J-Popフィールド全体からエレクトロの勃起中枢を刺激する電波がビンビン届いてきて困った御仁も多いのではないか。

 そして、その動きのコアで蠢いているのが、こちらで紹介する(時にトーキョー・エレクトロというリンケージでも語られる)面々だ。2008年の電子風景を語るのに格好のミックスCD=DEXPISTOLSの〈APPLE〉に和製アクトとして唯一トラックが選ばれたTHE LOWBROWSがいよいよ初のアルバムを世に問い、それ以上にアルバムを待たれている当のDEXPISTOLSもシーンの地固めを図ってクルーでのコンピをドロップした。本当の始まりは新しい年に控えている……。

記事ナビ

インタビュー