こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE REGGAE

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年12月25日 10:00

更新: 2008年12月25日 17:50

ソース: 『bounce』 306号(2008/12/25)

文/bounce編集部

成熟期を迎え、真価を問われた一年

ダンスホール・シーンはPAPA BやPAPA U-Geeの活動20周年記念ベスト盤、YOYO-Cのラガ一筋作などヴェテラン勢の好調ぶりが目立った一年。とはいえ中堅~新世代でも、グンと表現の幅を広げたMICKY RICHや注目度急上昇中のRUEEDらによる骨太なDJ作品も。また、LITTLE TEMPOなどバンド界隈における傑作も印象深い。ジャパレゲ・ブームの飽和を感じさせた2008年だが、そのぶん〈本当にイイもの〉が際立ったということだろう。
(岡部)

RANKIN TAXI 『死ぬまで生きる』 RIDDIM ZONE
〈ボヨヨン〉な要素は一部に留め、社会派な側面を注ぎ込んだ本作は、実は彼の真骨頂といえるモノ。あまりにシリアスな内容に、ブームに一石を投じる意味合いも感じた。メッセージ・ソング中心のライヴ活動=RAN-TINを含め、芯にあるレベル精神を改めて突きつけられた一年。
(岡部)

H-MAN 『ナカナカナイ』 OVERHEAT 
視野はより広角に、洞察力はより鋭く。緊張感溢れる作品内容とステージングは一層濃度を増し、孤高の〈色〉を強固なものとした2008年。リリック集「弾丸投句」も衝撃的だったが、そもそもそれが成り立つのが本物のマイク持ちってこと。彼の存在自体がシーンへの刺激薬となったはずだ。
(岡部)

RUDEBWOY FACE 『a message to...』 コロムビア 
10年の活動で培ったハードコアなラガ精神を薄めることなくメジャーへ持ち込んだ本作において、彼の真髄はそこにあると確信させられた。客演など外仕事も盛りだくさんで、湯水の如く溢れ出るフレッシュなフロウに2008年も驚かされっぱなし。彼こそ進化し続ける男!
(岡部)

JING TENG 『Sweet Sound』 LIFESTYLE/EMI Music Japan 
男性シンガー自体が少ないなか、ここまでアイリーな世界観を確かなダンスホール・センスでもって表現できる歌い手がいることが、もはや奇跡ともいえる。本作の仕上がりにせよ、ビッグ・フェスで見せた存在感にせよ、シーンの期待にしかと応えた功績は大きい。
(岡部)

MISON-B 『MISON-Baby's』 SPEEDEX 
パンチの効いた声とキャラが噂を呼んで待望視されていた初作は、評判どおりの実力を証明した痛快な内容。女性の歌い手で、しかも正真正銘現場叩き上げのアクトが、こうしてアルバム発表に至った事実はまぎれもない重要トピック。〈Road To 横浜レゲエ祭〉での勇姿も印象的だった。
(岡部)

THE HEAVYMANNERS 『THE HEAVYMANNERS』 ビクター 
ルーツ/ダブ界で強烈な存在感を放っていたのが彼ら。秋本武士のベースはどこまでもヘヴィーで、音が叫び吼えるというレゲエのあるべき姿を体現していた。ライヴは作品以上に衝撃的で、ヴァイブスという名の言葉を超越した魂のグルーヴに誰もが震えた。
(岡部)

PUSHIM 『RENAISSANCE』 キューン 
最高傑作と讃えられた前作より2年半。その間に培ってきたものがいかに大きかったか、本作は彼女のさらなる人間的な成長を物語っていた。年齢を重ねるごとに豊かになっていく表現力、言葉の威力/説得力――その輝きは増すばかり。いつになってもクイーンの座は不動なのです。
(岡部)

記事ナビ

インタビュー