こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年12月25日 10:00

更新: 2008年12月25日 17:50

ソース: 『bounce』 306号(2008/12/25)

文/bounce編集部

2008年、もっとも濫用された言葉?

ニュー・エレクトロがロック・アクトと結び付いて猛威を振るう一方、ディプロやスウィッチらが継承する元祖エレクトロのフレイヴァーもヒップホップやボルティモアなど多方面に拡散……という流れは昨年とさほど変わらないが、まったく同じことがフィジェットの文脈に名を変えて語られていたのは新鮮な解釈だった。ただ、少しでも打ち込みや電飾が入ってたり、エレクトロニックな要素のあるものすべてをそう呼ぶ向きは正直いかがなものか、と思う。
(出嶌)

CRYSTAL CASTLES 『Crystal Castles』 Last Gang 
前年に続いてダンサブルなロックが盛り上がった2008年。その象徴的存在だったのがこのカナダ産ディスコ・パンク・ユニット。ピコピコしたエキセントリックなエレクトロニック・サウンドに顔を見せないというミステリアスさも手伝い、シーンを引っ掻き回した。
(青木)

NEON NEON 『Stainless Style』 Lex 
いまや〈ポスト・ヒップホップ〉と呼べそうなほど雑多なレーベルに進化してきたレックスから、スーパー・ファーリー・アニマルズのグリフ・リースとブーン・ビップのユニットが登場してびっくり! 2008年のキーとなったエレクトロ風味とグリフの歌が意外な相性の良さを披露。
(青木)

JAMES PANTS 『Welcome』 Stones Throw 
ピーナッツ・バター・ウルフが見い出したパンツさん。80'sのオリジナル・エレクトロ(・ファンク)をキッチリ踏まえたブラコン~コズミック風味のアーバン・トラックをシャキシャキと披露し、ノイズ+ディストーションな人たちとは一線を画するセンスを見せてくれた。
(出嶌)

THE BLACK GHOSTS 『The Black Ghosts』 Southern Fried 
サザン・フライドはいち早くロックとダンス・ミュージックを融合してきたが、そこから登場した本作はさらに楽曲のクォリティーやソウルのフィーリングまでを重視して、より高い音楽性を追求。曲そのものの重要性を説いたという点で意義ある一枚になった。
(青木)

THE JAPANESE POPSTARS 『We Just Are』 Gung Ho! 
〈MySpace〉を足がかりにして出てきたのはいかにも時代を反映している。おまけにエレクトロだし。でも、こいつらは懐かしいテクノ・サウンドを響かせた大バコ仕様で、他のエレクトロ勢にはない個性を発揮。新鮮味という点では一歩抜け出た存在でした。
(青木)

記事ナビ

インタビュー