こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

CRAZZZZY FOR YOU

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2008年11月27日 18:00

更新: 2008年11月27日 18:28

ソース: 『bounce』 305号(2008/11/25)

文/山西 絵美

新作が出ないなら私が歌うわ、とばかりにカヴァーされてきたGN'R曲!!

 アノ人もコノ人もみ~んな『Chinese Democracy』を待っていたわけで、ここでは新作を待ちきれないGN'Rラヴァーが果敢に挑んだカヴァー例をご紹介。まずは、ディリンジャー・エスケイプ・プランら人気のハードコア~メタルコア勢が揃った激音トリビュート盤〈Bring You To Your Knees〉。近年ラウド・ロック・シーン全体がオールド・スクールなムードへとシフトしているなかで後輩バンドがこぞってGN'Rからの影響を公言し、結果リアルタイムでGN'Rを知らないキッズもファンに取り込めたことは、アクセルにとって大きな刺激となったんじゃないだろうか?──とかグダグダ書いてたら字数を半分使ってしまったので、ここからは一気に。ジャケも素晴らしい『Bossa N' Roses』は名前まんまなボッサ・カヴァー集で、お次のSweet Vacationは強めのボトムが格好良いハウス・チューンに、一方マイロをブレーンに迎えたフラッツパックはスカスカなエレポップに、それぞれ“Sweet Child O' Mine”を披露し、P!NKはアクセルばりに、Port Of Notesはそれとは対極のふんわりとした優しい声で“Welcome To The Jungle”を歌い……と、思い思いにGN'R愛を楽曲にブチまけている様子だ。15年間もアルバム発表を遅らせようが、GN'Rが音楽シーンから葬り去られないのは、こういった後輩からのリスペクトにも起因しているのだろう。

インタビュー