こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

キラキラからバキバキまで、ここにしかないフューチャー・ポップに恋しよう♪

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2008年09月18日 10:00

更新: 2008年09月18日 16:22

ソース: 『bounce』 302号(2008/8/25)

文/出嶌 孝次

Saori@destiny 『sakura』 D-topia(2008)
アキバ発という触れ込みでデビュー曲“My Boy”では初音ミクともコラボしていた彼女ですが、このメジャー初シングルではヴォコーダー・ヴォイスが和風ムードにしっくり染まる河口恭吾のカヴァーを披露。切なさがちぎれそうな哀愁ハウス“サヨナラリヴァイバル”も絶品なんです。

VARIOUS ARTISTS 『BEAUTIFUL TECHNO』 フォーライフ(2008)
大胆なタイトルですが、この特集で載せてる界隈の未来ポップを集めた入門編コンピ。Aira MitsukiやMEGの楽曲が軽快に並び、Spangle call Lilli lineなども引っ括めた選曲が楽しいです。Q;indiviに通じるテクノヴァ路線のThe Sakura Telephoneが気になるところ。

VARIOUS ARTISTS 『P・K・P・K』 徳間ジャパン(2008)
テクノ・ポップ~チップ・チューンのキラキラ→ピカピカな気分を凝縮した好コンピ。SEXY-SYNTHESIZERややけのはらが暗躍し、エイプリルズの名曲“COSMO '80s”やブレーメン、なっちゃんPeakらの佳曲を収録。チープな和音が醸す胸キュン感が妙に泣ける。これはイイ!

Sound Around 『Sweet Music』 Riverside(2008)
FreeTEMPOらの作品に参加してきた2人組クリエイターのファースト・アルバム。MEGやSatokolabのようなゲスト陣も豪華ながら、表題どおりのスウィート・グルーヴにはメイン・ヴォーカルを務めるKaoriの上品でクリアな歌声がしっくり馴染みますな。とにかく上質!

SAWA 『COLORS』 Cyclops/sambafree(2008)
PSPソフトのテーマ曲を歌っていたカラフル・ヴォイスの持ち主。FreeTEMPOこと半沢武志が全曲を鮮やかに塗り分けたこのデビュー・ミニ・アルバムでも、ガーリーで爽やかなエレポップ~ハウスにピッタリ合ったラヴリーな声の魅力がたっぷり楽しめます。アルバムが聴きたい!

鈴木亜美 『DOLCE』 avex trax(2008)
中田ヤスタカとのデビュー10周年記念シングル“ONE”も素晴らしいけど、前段階としてチェックしとくべきなのは人気クリエイターがズラリと並ぶ本作です。中田やSugiurumn、RAM RIDERらがキラキラなバキバキを投下しまくるなか、篠原ともえ製のエロ・テクノ歌謡的な“Stereo Love”が感度良好!

元気ロケッツ 『Genki Rockets I -Heavenly Star-』 avex trax(2008)
未来世界からやってきたホンモノのフューチャー・ポップ・ラヴァーによる待望のフル・アルバム。純真さを強調する加工ヴォイスとバキバキ轟くエレクトロ・ハウスのダイナミズムはまさにヘヴンリー。よく考えると凄い名前だけど……もう気にもならないでしょ。

もも色ハピニャス@BMC 『恋ア・ラ・モード/ラブレター』 Bibus(2008)
アイドル誌のポータルサイトから誕生した3人組……って背景は知らなくても、全開の未来ヴォイスが楽しめるシングル。元気な“恋ア・ラ・モード”もいいが、キラキラの純情ハウス“ラブレター”もキュートで、曲の良さが話題になったのも頷ける。中毒性高いにゃん!

平田香織 『スタイリッシュスター』 GIZA(2008)
東海エリアの人気ファッション誌で専属モデルを務めているという彼女のシンガー・デビュー作。表題曲はモロに何かを連想させるテクノ・ポップ調だけど、否応なくラヴリー&キャッチー! カップリングの“ファンタスティックメモリーズ”がよりフューチャーな雰囲気で好ましいです。

インタビュー