こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2008年09月18日 10:00

更新: 2008年09月18日 16:22

ソース: 『bounce』 302号(2008/8/25)

文/出嶌 孝次

時代を味方につけたキラキラのヴァケーション!!


  サウンド・プロデューサーとキュートな女性ヴォーカリストのユニット……正直なところ、最初は新手のcapsuleフォロワーかと思っていたのだ。しかしながら、Sweet Vacationはそれ以上にストレートな音楽性を悠々と披露し、着実にステップアップを遂げて、爽快なフライトを続けている。そもそもは〈MySpace〉でのアクセス数の多さが話題になって……という(ややありふれた)トピックを掲げていた2人だけど、いまやその存在感はオンラインを飛び出して実体化し、ハウシーなサウンドが絶妙な匙加減で聴く者を無差別にウキウキさせてくれているというわけだ。

東京エスムジカのリーダーとしても知られるDaichiがバンコク出身のMayと出会い、ネットでアイデアをやり取りしながら形を成していったのがSweet Vacationである。ちなみにDaichiはEvery Little Thing史上最高の名曲(だと思う)“スイミー”の作曲者でもあるのだが、確かにあの軽やかな耳触りはSweet Vacationの楽曲にも息づいているものだ。そんな衒いなくメロディアスな楽曲が昨今のハウスに特有のキラキラした疾走感で加速し、Mayのヴォーカルを得ることで、ありそうでなかったラヴリーなダイナミズムが生み出されているのでる。また、シンディー・ローパーの〈グーニーズ〉やTMNの“We Love The EARTH”(これがイイ!)、他にもBOOWYやブラーといったギリギリなカヴァーのチョイスも彼らの個性となってきた、と思う。

  そんな2人がメジャー・デビュー作となる、3枚目のミニ・アルバム『I miss you -ep-』をリリースした。軽快な足回りのピュアなポップ・ナンバー群はもはや安定感すら感じさせる完成度だし、恒例のカヴァーもガンズ・アンド・ローゼズ“Sweet Child O' Mine”ときた。さらに、前作収録曲“Sexy Girl”のA-bee(前頁コラム参照)によるリミックスも収録されていて、今回もあっさりイイ気分にさせられてしまった。この本が出る頃にはすっかり季節も深まっているけど、ヴァケーションはいつだって両手を広げて待っていてくれるんです。

インタビュー