こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2008年05月22日 10:00

更新: 2008年05月22日 17:24

ソース: 『bounce』 298号(2008/4/25)

文/栗原 聰


  昨年、ジャイルズ・ピーターソン主宰のブラウンズウッドからファースト・アルバム『Welcome To The Best Years Of Your Life』を発表した、シンガー/プロデューサーのベン・ウェストビーチ。彼は各地を転々としながら幼少期を過ごし、ブリストルで本格的な音楽活動をスタートさせた。シャイFX&Tパワーとの仕事を経て、ダイやクリプズらフル・サイクル周辺と交流を深め、リーン名義ではクラスト主宰のドープ・ドラゴンからのリリース経験も持つ。軽快なフォーキー・ブレイクビーツ“So Good Today”、歌と高速ビートの絡みが気持ち良いドラムンベース“Get Closer”などアルバム収録曲はヴァラエティー豊か。ロックからヒップホップ、ジャズ、クラシックまでさまざまな音楽に親しんで育った……とはよくあるプロフィールかもしれないが、最高にフレンドリーなサウンドに仕立て上げたスキルやセンスは類い稀であるし、卓越したソングライティングも特筆に値する。ダンス・ミュージックの売場にあっても、いろいろなタイプの音楽ファンに受け入れられるだろう一枚だ。

インタビュー