こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2008年02月28日 18:00

ソース: 『bounce』 296号(2008/2/25)

文/中埜 英彦、出嶌 孝次

かつてのトリップ・ホップにも通じるダビーな空気感、エレクトロニカのような緻密さ、メロディーやフレーズではなく空間処理そのものが魅力だったりするブレイクビーツ……こちらではそんなディープな作品を集めてみました!

DISC SYSTEM meets INNER SCIENCE 『DISC SYSTEM meets INNER SCIENCE』 ROMZ(2007)
DJユニットのDISC SYSTEMが、soup-diskからの単独作ではまさしくIDMと呼ぶべき造形美を披露するINNER SCIENCEとコラボした傑作。エレクトロニクスの揺らぎをダイナミックに展開させつつ、奥へと潜っていくようなビートが深い。穏やかな風景の裏で何かヤバいものが蠢くようなアンビエント盤だ。
(中埜)

OMID 『Afterwords 3』 Alpha Pup(2007)
近年はサブタイトルのプロデュースなども手掛けているオミッドのインスト・アルバム。もはや類型的なBPMにこだわらない凝りまくったサンプリング中毒とプログラミングのセンスは、これまで以上に深みのある空気感を携えて聴き手を圧倒してくるかのようだ。パーカッションの効いた“Warsaw's Tableau”など、彼らしい無国籍ぶりは健在!
(中埜)

KK 『Light in a Fog』 MARY JOY(2007)
DJ KRUSH『覚醒』の……なんて説明はもういいか。Lo-Vibesを主宰する孤高のビート・マイスターが久々に投下したMC入りの作品がこちら。研ぎ澄まされた硬質なビートはインストでも格好良いが、トラックそのものに着想を得てリリックを書いたというSHING02やK-BOMB、クリーム・クンベルらのラップと融和した音塊はまさにディープでドープだ。
(中埜)

ONRA & QUETZAL 『Tribute』 Bo Bun/SWAMP(2006)
ビッグ・ペイバックでの活動に加えて、ソロ作『Chinoiseries』もリリースするなど昨年一気に飛躍したオンラーだが、昔ひっそりと出していた作品がこのたび日本盤化! 〈ヒップホップによるソウルへのトリビュート〉がテーマらしく、J・ディラをもっと感傷的にしたようなプロダクションが悠久のノスタルジアへと誘うインストの秀作! 
(出嶌)

Jemapur 『Dok Springs』 HYDEOUT(2006)
Nujabesの主宰するHYDEOUTから……ということで聴いた気になってる人も多いかもですが、このJemapurは、電子音楽レーベルのSAAGを運営してナハト・プランクやマシーン・ドラムをリミックスしていた大井俊明のこと。童話的でメロウなネタ使いに無機質アヴァン・ビートが絡む妙な聴き心地にズブズブとハマれます。Lakhoでの活動にも期待!
(出嶌)

3000NDL 『3000NDL』 morec(2007)
Olive Oilとの共演経験もあるという金沢のDJ/クリエイターによる初作。エレクトロニカをくぐり抜けて緩やかにレイドバックしたムーディーなビートに、最小限の音色と旋律を紡ぐギターなどのウワモノが絶妙で、ツボを押さえた心地良さが用意されています。いわゆるポスト・ロック作品で知られるCATUNEのサブ・レーベル発、というのも驚き。
(出嶌)

SUPERSOUL 『Plastic Rap』 Metamatix(2007)
90年代からトリップ・ホップ寄りのシーンでダビーなトラックを作り出し、その後はアレパからのリリース歴もあるマイアミ在住のジャマイカン。このスーパーソウル名義での2作目は、サインやダイナスといった地元のMCからアンソニーBまでを迎えて、オーガニックなダブ世界をアブストラクトに開陳。別の空間に連れて行かれそうな怪作!
(出嶌)

インタビュー