こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2008年02月28日 18:00

ソース: 『bounce』 296号(2008/2/25)

文/中埜 英彦、出嶌 孝次

ビートや空気感よりも先に、もっとハッキリしたメロディーを伝えてくるリスニング・ユースなヒップホップ作品が、聴く人を選ばずに自然とブレイクビーツの裾野を広げていますね。ここでは定番ディスク+αを用意してみましたよ!

DELA 『Atmosphere Airlines』 huge soul/onepeace(2007)
数年前にMitsu the Beats“Music Mate”のリミックスを手掛けていたフランスのビートメイカーだが、NOMAKのフックアップもあってブレイクはもう間近! 本作はそろそろ登場するオリジナル作に先駆けた日本編集盤で、過去仕事などを集めた便利な一枚。アパニやJ・ライヴとの新曲以上に強力なのは、やはりNOMAKのリミックス!
(中埜)

NOMAK 『Calm』 huge soul/onepeace(2007)
まだまだロング・ヒットを続ける感動の定盤! ジブリ級の普遍性と伝播力を備えた耳馴染みの良いメロディーは、和心や優しさを重んずる彼の意志がそのまま表れたかのようで、もはや聴く場所や時間を選ばないはず。何とDJ DeckstreamやSHIN-SKI、デラ、ケロ・ワンらが馳せ参じているという強力(マジで!)なリミックス・アルバムももうすぐだ。
(中埜)

VARIOUS ARTISTS 『IN YA MELLOW TONE』 GOON TRAX(2008)
〈日本人の心に響くヒップホップ〉をテーマにしたコンピ……ってもリリックは日本語じゃないけど、グッド・ピープルやアーケタイプ、CL、ジャズ・アディックスなどをいち早く紹介してきたGOON TRAXのショウケースだけに信用できます。モーダルな90'sリヴァイヴァルからピアノものまで、初心者向けの入口はここですよ! 
(出嶌)

VARIOUS ARTISTS 『2nd Collection』 HYDEOUT(2007)
メロディック・ループの開拓者であるNujabesのコンピ第2弾。シンプルなビートと柔和な旋律がスルスル耳に飛び込んでくる愛らしさは前作同様で、クラムボンやDSKのリミックスが並ぶ作りにも納得だ。Nujabesを鍵盤で支えるUyama Hirotoや、モントリオールの新鋭であるイマンシペイターの楽曲も単独作を期待したくなる出来映えのはず。
(出嶌)

PAT D & LADY PARADOX 『Kind Of Peace』 A Bridge To Far(2007)
新進トラックメイカーとハタチの女性ラッパーが組んだUK出身コンビの初作。キラキラしたピアノ・サンプルを惜しげもなく多用した、一連のHYDEOUT作品にも通じるトラックがとにかく美麗で、凛としたラップにもしっくりマッチして優美なムードを醸し出している。とにかく、このピアノの雨を味わってほしい!
(出嶌)

Eccy 『FLOATIN' LIKE INCENSE』 SLYE(2007)
SHING02をフィーチャーした“Ultimate High”でデビューするや、一気に注目の存在となったEccyのファースト・アルバム。グルーヴの向こう側から奔流のように溢れ出てくる清冽なメロディーの数々は、ある意味ではどんな客演ラッパーよりも雄弁なものでしょう。P70で紹介しているGLASEMILLAのEPにおける仕事ぶりもチェックすべし!
(出嶌)

DJ Deckstream 『Deckstream Soundtracks』 LEXINGTON(2007)
MonorisickとしてHYDEOUTの諸作で活躍してきたDJ/クリエイターの大人気盤! 豪華なゲスト陣もさることながら、スケールの大きいメロディック・ループをフロア・トラックとして機能させているあたりが彼ならでは、といったところ。ファラオ・サンダースやコモンといったネタ選びの巧みさ(確信犯ぶり?)も頼もしい!
(中埜)

VARIOUS ARTISTS 『saudade# Compiled by Pandeiro』 SIGNAL(2008)
初CD化曲を満載したリラクシンなヒップホップ・コンピ。看板となるNujabesやNOMAKのトラックを軸に、SHIN-SKIやジャズ・バンドのSmithといった日本勢や、ケロ・ワンにピズモ、メロディー、サウンド・プロヴァイダーズらこの界隈ではお馴染みの名前が勢揃い。サウダージ……というか情緒豊かな一枚です。
(出嶌)

インタビュー