こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

好きな音楽はどこにでもあるはずだ!

 残念ながら誌面の都合があって載せられなかった、私の個人的な好みのものということで……まあ、当然ながら良い作品は人それぞれにナンボでもあるわけですからね。渚ようこは、阿久悠の遺作のひとつ“どうせ天国へ行ったって”だけでも圧倒的で、歌と言葉の濃度が恐いほどの一枚。それと耳触りは違うけど、同じく音楽の強度や圧倒性を音のデカさとかと取り違えてる類の人に聴いてほしいのはPiana。あと、先入観に縛られて記号でしか音楽を判断できないばっかりに音そのものを楽しめない人を蹴っ飛ばす鈴木亜美のシングル。ここ3か月でいちばん聴いた曲は“SUPER MUSIC MAKER”です。一応言っとくと、ガチで最高なんです。EMI MARIAも良いんです。字数が足りないんです。で、ティラ・テキーラはエロいんです。脈絡も共通点もないんです……が、そもそも自分で勝手に設定した共通項に沿って聴くというのがすでにおかしいんです。残念ながらそういう人はまだ多いんで、今年もがんばります。
(出嶌)

記事ナビ

インタビュー