こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

NEXT>>2008 ICE DYNASTY, ADELL, FLYING LOTUS

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

ICE DYNASTY
新世代の東京ハードコア・ラップだぜ!!

  2006~2007年にかけてはSCARSとそのメンバー個々の活躍が脚光を浴び、シーンの幅と奥行きを提示してきましたが、SD JUNKSTAと並んでその〈次〉を担うクルーこそ、このICE DYNASTYでしょう。彼らは東京をレペゼンするクルーで、KNZをはじめとする構成員がそれぞれソロやユニットで多彩な客演やミックステープ参加などを繰り広げてきた強者たち。ファースト・アルバム『DYNASTY -23 ANTHEM-』(TOKYO I.C.E)ではBUZZER BEATSやタイプライターら腕利きのビートを取り揃えつつ、集団の格好良さと個のスキルを存分に発揮していました。でも、お楽しみはこれからだと思いますよ!
(出嶌)

ADELL
ニュー・ヒロインの歌声は渋味たっぷり!

  シングル・デビューを待たずして、〈ブリット・アワード〉に新設された業界人が選ぶ新人賞を獲得した19歳のシンガー・ソングライター。ジル・スコットから影響を受けただけのことはある、ソウル臭ムンムンのスモーキーな歌声は、エイミー・ワインハウスに射抜かれたアナタを一瞬で虜にしてしまうはず。間もなくUKで発表されるファースト・アルバム『19』(XL)には、マーク・ロンソンがプロデュースしたナンバーなど話題曲が目白押しとのこと。さらに、3月の日本盤リリースを前に来日公演も行うようだし……つまり、私が鼻息を荒げるまでもなく、半年後にはスターになっている逸材なのです。
(山西)

FLYING LOTUS
LAからワープして……飛びます飛びます!

  しつこいぐらいにプッシュしますけどね、LAを拠点に活動し、カルロス・ニーニョが主宰するプラグ・リサーチからデビューしたフライング・ロータスは間違いなく次代の大本命なのであります! ワープと契約した2007年には、ブラウンズウッドのコンピやモードセレクターのミックスCDで楽曲がピックアップされるなど、方々で注目を集めた後にEP『Reset』(Warp)をリリース。モクモクした空気感に夢心地なシンセを搭載したコズミック万華鏡を提示し、〈ポストJ・ディラ〉の筆頭に名乗りを上げました。春頃に届けられるというフル・アルバムは、それすら超えるものになりそう、というか超えてくれ!
(出嶌)

記事ナビ

インタビュー