こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BEST BOUT 2007年最大のバトルは、壮大なパブリシティー・スタントだったのか!?

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

 大変だ! カニエ・ウェストと50セントが同日にアルバムをリリース! 初週のセールスでカニエに負けたら50は引退するんだって?と、2007年の秋を賑わせたカニエの『Graduation』と50の『Curtis』の大バトル。本国USではいずれも9月11日に登場したこの大作2タイトルを巡っては、かの「Rolling Stone」誌が大きく取り上げたこともあって、音楽シーン全体に大きな話題を巻き起こしました。Gユニットがかつての勢いを失ったなかで、多くのメディアがカニエ贔屓な論調だったようです。で、結果はご存知のとおり、カニエが大差をつけて全米チャートの首位を獲得、50は2位に甘んじることとなりました。ただ、結果的には2007年最高の初週セールスを達成し、50も逆風が吹くなかとは思えない上々のセールスを上げ、終わってみればカントリー勢に押され気味だったヒップホップを盛り上げることになりました。さらには世界の総合セールスでは50のほうが上回ったという話が飛び出したりして、引退話は知らないうちになかったことに……。こういう〈謎のバトル〉は、他にもディジー・ラスカル×ワイリーの遺恨争い、キャムロン×ジム・ジョーンズの仲間割れ、ティンバランド×スコット・ストーチの唐突なディスり合い、ウータン・クランの内紛(これはガチンコらしい)……と、なぜか各々の作品リリース前に巻き起こりましたね。それでもやはり、スケールの点でカニエ×50セントに勝る名勝負はなかったでしょう!

記事ナビ

インタビュー