こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ANTENA OF THE YEAR 2007

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

2007年の音楽ニュースとトピックを総括!!

JAMES BROWN
2006年12月25日、ジェイムズ・ブラウンが心不全のためアトランタの病院で亡くなった。享年73歳。56年のレコード・デビュー以来、革命的なヒット曲を連発しながら精力的なライヴ活動を展開し、ソウル/ファンク界の〈ゴッドファーザー〉として愛された。9月12日には相棒のボビー・バードも天に召されたが、一方ではオーサカ=モノレールのプロデュースでマーヴァ・ホイットニーが25年ぶりにアルバムを発表し、メイシオ・パーカーも新作をリリース、クライド・スタブルフィールドらが来日公演を行うなど、JBファミリーの活躍を耳にする機会が増えた年でもあった。

DJ DRAMA
1月16日、〈Street Grillz〉シリーズなどのミックスCDをリリースしてきたDJドラマと、同じくDJのドン・キャノンらが、組織犯罪規制法違反でジョージア州警察に逮捕された。その際に81万枚のミックスCDが差し押さえ対象になったという。捜査はRIAA(全米レコード協会)の訴えで行われたもので、正規CDのセールス低下を憂うRIAA側がミックスCDの人気に原因を求めた結果とされている。ドラマらは10万ドルを支払って保釈されたが、収録アーティストから音源の供与を得て制作される(いわゆる)ストリート・アルバムと違法盤を意図的に混同したような捜査や報道には疑問が残った。公判が進展しないまま、ドラマは12月に初のオフィシャル・アルバムをリリースするに至っている。

RHYMESTER
3月31日、日本のヒップホップ・シーンにおけるパイオニアとして絶大な支持を得てきたRHYMESTERが初の武道館公演を敢行した。彼らはそれに先駆けたbounceの1/2月号において当面のレコーディング活動休止を表明しており、その後は個々がマボロシやBreakthroughなどそれぞれの活動に専念しているが、解散ではないので念のため。なお、2007年に活動休止/停止/解散を発表した日本の主なバンドやユニットは以下のとおり。2月17日のライヴをもって3.6MILKが解散/2月24日のライヴをもってSOURCEが解散/4月25日のライヴをもってDATE COURSE PENATAGON ROYAL GARDENが活動終了/5月にHARVARDが解散/8月30日のライヴをもってかまボイラーが活動休止/8月にサザーランドが活動休止/9月にsportsが活動休止/9月24日のライヴをもってギターウルフがライヴ活動を休止/10月にピンクリボン軍が解散/10月にChesterCopperpotが活動休止/11月23日のライヴをもってMELTONEが活動休止/12月9日のライヴをもってKEMURIが解散/12月にジャパハリネットが解散/12月にTYPHOON24が解散……いままでありがとう!

LARRIKIN LOVE
5月4日、ラリキン・ラヴが解散を表明した。バンドは〈みんなの支援と愛情に感謝したい。メンバー間のいざこざはない〉と公式サイトでコメント。彼らはいわゆる〈テムズ・ビート〉の代表的なバンドとされ、解散がなければ〈フジロック〉への出演も予定されていた矢先の出来事だった。なお、2007年に活動休止や解散を発表した海外の主なバンドやユニットは以下のとおり。1月23日にルースターが解散を発表/1月31日にビューティフル・サウスが解散を発表/3月にアリスターが無期限の活動停止を発表/4月にクーパー・テンプル・クロースが解散/8月にユアコードネームイズ・マイロが解散/10月にモーニング・ランナーが解散/12月1日のライヴをもってエレクトリレーンが活動休止/12月にディアハンターが解散……また会えるかな?

HASYMO
7月7日に世界各地で同時開催されたイヴェント〈LIVE EARTH〉の京都公演にて、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏の3人がイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を再結成して出演した。それに先駆けてはTVCMのために再結集して“Rydeen”のセルフ・カヴァーを披露したことも話題を撒いたが、これらの動きは8月のHASYMO/イエロー・マジック・オーケストラの両名義によるスプリット・シングル『RESCUE/Rydeen 97/07』へと結実。また、坂本が発起人に名を連ねるcommmonsからは細野のトリビュート盤や坂本&フェネスのコラボ作などが次々にリリースされるなど、2007年はさまざまな節目で3人の活発な動きを目にする機会も多かった。この先に何かが起こることを意味しているのだろうか?

記事ナビ

インタビュー