こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

発掘&リイシューに終点ナシ!

紙ジャケやらデラックス版やら、各方面で復刻&発掘ラッシュが常態化した2007年。そうなると内容自体がますます問われるわけで……探求の旅は終わりません!

ARETHA FRANKLIN 『Rare & Unreleased Recordings From The Golden Reign Of Queen Of Soul』 Atlantic/Rhino 
アトランティックの60周年記念タイトルが続いた2007年、その極みはやはり女王の未発表&レア曲集でした。この勢いのまま登場しそうな新作も楽しみですな。
(出嶌)

ELLIOTT SMITH 『New Moon』 Kill Rock Stars 
2003年に他界した孤高のシンガー・ソングライターによる未発表音源集。すべてメジャー・デビュー前の94~97年に残された楽曲であるが、心に突き刺さるヴォーカルは生々しく、彼のその後の傑作群と比べても遜色はない。
(北爪)

EP-4 『昭和大赦-リンガ・フランガ1』 Solid 
80年代前半、世界の最先端と共振していた日本の先鋭的なニューウェイヴ・シーンの再評価が続くなか、京都の伝説的バンドの傑作もリイシュー。冷たく無機質なファンク・サウンドは、いま聴いても最先端に聴こえるからスゴイ。
(ジョビン)


HOWLIN' WOLF 『The Howlin' Wolf Album』 Chess/ユニバーサル 
設立から60年を迎えたチェスのリイシューも盛んだったなか、目玉だったのはこの初CD化作品! ウルフがサイケに接近させられた問題作ながら、いまならホワイト・ストライプス・ファンあたりにも刺さるはず。
(桑原)

JAMES BROWN 『Bodyheat』 Polydor/ユニバーサル 
ストレート・リイシューや全シングル集などJB周辺の温故知新は今後も盛んになりそうですが、嬉しいのはこういう埋もれた名作との出会い! 〈ゲロッパ〉な固定観念から一歩も進めない人は、本作を聴いて土下座しロッパ。
(出嶌)

MARCIA GRIFFITHS 『Play Me -Sweet And Soul』 Trojan 
ちょっと透けてるジャケも麗しい74年作の初CD化なんだけど、目玉は14曲も追加されたボートラの数々。キャロル・キングやビートルズのカヴァーなど使えるネタが満載につき、DJ諸氏からも人気を博しました。
(山西)

MARI WILSON 『Platinum Collection』 Compact Organization/Warner Bros. 
ピペッツやラッキー・ソウルら60's色の強いガールズ・ポップを奏でる連中が話題を振りまいた2007年。80'sにすでに同種の懐古ポップを歌っていた彼女の作品が再発されたのは嬉しい奇縁だ。
(北爪)

真島昌利 『RAW LIFE -Revisited-』 ソニー 
現クロマニヨンズのギタリストがブルーハーツ時代に放った、反骨精神むき出しな痛快ソロ作が、未発表アコースティック・ライヴ音源なども加えて再登場。刺激足らずの現行ロック・シーンへの強烈な一発としてもインパクトを与えた。
(ジョビン)

記事ナビ

インタビュー