こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

新世代勢がロックの既成概念を覆す!

選出した作品のほとんどがファースト・アルバムという、ニュー・フェイスの台頭がシーンを賑わせた2007年。手法も音楽性も従来の規格から大きく逸脱した新世代が続々と頭角を現し、なかでも最大のトピックは〈突然変異型〉バンドの登場(詳細はP64で解説)、またriddim saunterや8ottoらもそれぞれ違ったダンス・ロックの形を見せつけた。安定した人気を誇るメロディック界でも、OVER ARM THROWの基本に忠実ながら群を抜いた活きの良さが印象に残る。
(土田)

ala 『Jam of the year』 FREAKOUT 
riddim saunter、UNCHAINと共に〈グルーヴ・ロック御三家(勝手に命名)〉の一角として大活躍の1年。ロックを媒介にジャズ~ソウル~ファンクとの饗宴を重ねてきた彼らだが、躍動感とメロウネスを滑らかに配合した本作でさらに広い支持を得た。そしていよいよメジャーへ進出!
(土田)

ジン 『レミングス』 Palm Beach 
平均年齢20歳という若さに似合う柔軟なオルタナ感覚と、相反する円熟したセンスを持つ彼らは、〈生命〉を題材とした文学的な詞と、圧巻のスケールで広がる視覚的なサウンドが特徴。重厚なヘヴィー・ロックから三線を採り入れた壮大なバラードまでを美しく繋ぎ、稀有の才能を証明した。
(土田)

LOCAL SOUND STYLE 『Doing It For The Kids』 FABTONE 
日本~海外の垣根がなくなりつつあるエモ界隈。なかでも注目株の彼らは、ゲット・アップ・キッズなども手掛けたプロデューサー=エド・ローズとのタッグで、儚さと強さを携えた骨太なサウンドを実現。まさに快心の本作で日本のエモ水準をさらに高めた!
(加藤)

Qomolangma Tomato 『チョモと僕は柵の中』 RESERVOTION
パンク~ハードコアを解体/再構築して激烈なグルーヴを放つデビュー作。混沌かつポップという質感はまさに〈突然変異型〉だが、なかでも町田町蔵精神の後継者・石井成人による破壊的な詞は突き抜けた個性だ。衝動を乱射する言葉のインパクトは当代一。
(土田)

ミドリ 『セカンド』 mF247 
〈関西ゼロ世代〉最強の刺客は、この2作目を決定打に全国区へ。セーラー服でギターを掻き鳴らし、エロと純情が入り乱れる乙女心をデス声で晒す後藤まりこのキャラもさることながら、ジャズもプログレも咀嚼した和製ハードコア・パンクが孕む奇妙なポップネスは新世代ロックの象徴だ。
(土田)

THE CHILL 『THE CHILL』 rhythm zone 
2007年は若僧だけの年じゃないんですよ! 立花ハジメがギタリスト魂を抑えきれずに(?)始動させたこちらのバンドは、マイ・ブラディ・ヴァレンタイン的なメランコリーや、ヤー・ヤー・ヤーズ的なNY地下イズムを湛えたロックが炸裂! 大御所が見せた圧巻のクールネスに脱帽です。
(加藤)

riddim saunter 『Think, Lad & Lass』 Niw! 
テムズ・ビートとも共振するイマっぽさもありつつ、ますます賑やかさを増したサウンドの幅広さに驚かされた。〈イマ〉鳴らすべき音は何かを踏まえたうえでのパーティー・サウンドは、彼ら以降続々と登場してきたグルーヴ・ロック・バンドたちの何歩も先を行っている。
(ヤング)

記事ナビ

インタビュー