こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

The Miceteeth 『07』 Almond Eyes 
10秒にも満たない断片的なトラックを含めて全35曲も収録された、ノー・コンセプトな闇鍋アルバム。メロウな歌モノ路線はキープしているが、もはやスカ・バンドという枠だけで彼らを捉えることは不可能であろう。現代のチャンキー・ミュージックがここに。
(ヤング)

中納良恵 『ソレイユ』 Minor Swing/トイズファクトリー 
EGO-WRAPPIN'での豪快さは鳴りを潜め、この初のソロ作はピアノの弾き語りをメインとしたシンプルな趣。結果、歌い手としての彼女の力量をまざまざと思い知らされることに。女性シンガー・ソングライターが目立った2007年においても一際ハイクォリティーな傑作。
(小林)

畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ 『わたしのうた』 rhythm zone 
ASA-CHANG率いるビッグバンドと歌姫による奇跡の融合が生んだコラボ作。何十年も前に作られたスタンダード・ナンバーのカヴァーは、50年後に聴いても新鮮な味わいをもたらすはず。老若男女、リスナーの垣根は余裕で越えてます。
(ヤング)

ハリー細野&ザ・ワールド・シャイネス 『FLYING SAUCER 1947』 スピードスター 
御大が過去に発表した曲を生演奏の一発録りでリメイク、しかもヴォーカル作。これは2007年邦楽界の一大事件として記憶されるはず。還暦記念をUFO事件と引っ掛けてルーツを探訪──そんな洒脱な演出からも懐の深さを感じました。
(ヤング)

AYUSE KOZUE 『AK』 トイズファクトリー 
DTMを使っての作曲~編曲、そして作詞など曲制作に関することはほぼすべて自分でこなし、しかも歌って踊れちゃうという器用さで新たな才能の登場を確信させた彼女。素晴らしい完成度を見せるダンサブルなポップソングの数々で、クラバーとJ-Popファンの垣根もぶち壊した。
(小林)

青柳拓次 『たであい』 commmons 
さまざまな東洋楽器を駆使したフォーキーなサウンドと、短編小説のような空気感を放つ日本語詞による、本人名義での初ソロ作。世界中の音楽が容易に聴けるいまだからこそ、日本人にしか作りえない〈オンリー・ワン〉の魅力が詰まった本作は感動的で、その意義は深い。
(小林)

塚本功 『Stompin'』 nowgomix 
ネタンダーズやSLY MONGOOSEのメンバーとしても知られる職人ギタリスト。渋~く独演で攻めた前作に対し、今回はバンド編成でスウィンギーかつアップに迫る。時代性と無関係なようで実はその先端にいる男であることは、引く手数多の客演オファーからもあきらかだろう。
(ヤング)

トクマルシューゴ 『EXIT』 Pヴァイン 
世界中から注目を集めている夢想音楽家の3作目。ガラクタまでをも使って偏執狂的に構築された音像は、ポップさの奥からじわじわと毒々しさが漂ってくる。ポップと狂気の狭間を追求して出来上がったこの傑作で、またも己の道を開拓した彼はやはり異能の天才だったと実感。
(ヤング)

記事ナビ

インタビュー