こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

二極化(?)しつつも堅調だったシーン

〈乙女ハウス〉という言葉もあって市民権を得たハウスなど、より幅広いリスナーに親しまれる作品が増えた2007年だが、一方ではROMZやExT勢に代表されるアンダーグラウンド界の重要クリエイターたちが次々に力作をリリースしたことも忘れてはならない。そう書くとある種の棲み分けが進行したようにも見えるが、両者にはサウンド的な共通点も少なくなく、2008年はDE DE MOUSEなどの躍進を契機に、そうした境界線が取り払われていきそうな予感もある。
(澤田)

WOODBLUE 『NORTH SOURCE』 Libyus 
秋田在住のクリエイターによるこのファースト・アルバムは、チルとアップとを絶妙に交錯させたブレイクビーツの傑作。快楽主義に溺れない凛として美麗なサウンドは、デトロイト・テクノやNYハウスのスピリチュアル志向に対する回答と言えるかも。
(澤田)

CHERRYBOY FUNCTION 『SOMETHING ELECTRONIC』 ExT 
権田山一雄名義でも多作ぶりを見せるトラックメイカーの初作。リズム・マシーンからスカスカなグルーヴを引き出す嗅覚と、初期UKテクノ的な抑揚のある展開&メロディーセンスは、硬質な色白テクノが多くを占める2007年にあって異彩を放った!
(原田)

FOOG 『ONE』 ファイル 
初期シカゴ・アシッドからコズミックまで、ハウスの猥雑なグルーヴを探求し尽くした末に生まれたファースト・アルバム。あくまでブラック・ミュージックの文脈に則ったサウンドが展開され、世界的な流れとなったテック・ハウスとの同時代性を感じさせる音作りが実に2007年的だった。
(澤田)

STUDIO APARTMENT 『FOR HER FOR HIM FOR YOU』 Apt./NEW WORLD 
国内におけるハウス人気の立役者が繰り出した決定打。ジャズ色の強い前作と比べ、より王道ハウスに踏み込んだキャッチーなサウンドはシーンの裾野をさらに拡大。流麗なピアノやストリングスを配したトラック群が、夏のフロアを彩った。 
(澤田)

スマーフ男組 『スマーフ男組の個性と発展』 ラストラム 
結成から10年目の初作。オールド・スクール・エレクトロを真摯に見つめ続けた3人衆がその視線の先に捉えたのは、このうえなく愉快で未来的なビート・ミュージック。〈Peel Session〉ばりのスタジオ・ライヴ盤をわずか2か月後に出しちゃうセンスも最高でした。
(澤田)

i-dep 『Fine tuning』 AZtribe 
クラブ・ジャズとハウスの境界線を飛び越えた6人組のミニ・アルバムは、よりバンド色が強くなり、多彩なトラックとエモーショナルなメロディーが印象的なポップ作となった。リーダーのナカムラヒロシは別ユニットのSotte Bosseやプロデュース仕事でも大活躍。まさに2007年の顔だった。
(澤田)

Tenniscoats 『Tan-Tan Therapy』 WEATHER/HEADZ 
スウェーデンのエレクトロニカ・バンド、テープのメンバーが全面参加。だがアルバムの主軸を担うのは、生楽器の響きと柔らかな歌声だ。ポスト・ロックやフォークトロニカを経て、アシッド・フォークが再浮上した現代にこそ生まれ得たポップ・ミュージック。
(澤田)

SPIKEWAVE 『Reserge』 クルーエル 
日本が誇る真のオルタナ・レーベル、クルーエルのヤング世代を代表する男のデビュー・アルバム。ダンスとチルを並列に扱った野外レイヴ仕様のサウンドは、コズミックからバレアリックへと移ろう地下クラブ・シーンを描き出した最良のスケッチ集になった。
(澤田)

VARIOUS ARTISTS 『PAN PACIFIC PLAYA』 rnb 
Latin Quarterやサイプレス上野など横浜ローカル~周辺メンバーが集った一作。ギャップ・バンドのカヴァーから、ハッピー・ナードコア(?)、ド・フュージョン&サンタナ調ギターまでが投入される総天然色模様。ボーダレスに渦巻く個性は2008年もやらかしてくれそう。
(原田)

CALM 『Blue Planet』 MUSIC CONCEPTION 
〈パーティの発火点~着地点〉にメッセージを投げかけたJAPANESE SYNCHRO SYSTEMを経て久々に発表した本名義作は、デビュー当時の月面を漂うような浮遊感を経由し、アフリカ音楽の〈うた〉にも着目し地に根を張る。〈Google Earth〉的視点で作り上げた大作だ。
(原田)

記事ナビ

インタビュー