こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE REGGAE

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

シーン全体の質の向上を証明

CHEHONやARARE、笑連隊ら未来を担う逸材が続々と強力な作品を送り出し、新世代が台頭したダンスホール界だが、一方でRYO the SKYWALKERやACKEE & SALTFISH、H-MANなどヴェテラン勢はみずからの〈やりたいこと〉を追求し、それを伸び伸びと表現していたのも印象深い。また、LIKKLE MAI、9miles、Majesticsなどルーツ・ロック/ラヴァーズ/スカの傑作も目立ち、キャリア/活動フィールド問わず、シーン全体の質の向上を証明した1年だった!
(岡部)

CHEHON 『「チェホンのファーストアルバム」という名のアルバム』 CBB/ミュージックマイン 
若手DJが入り乱れた2007年、〈HIGHEST MOUNTAIN〉などにも出演し、頭角を現していたのが彼。ハードコアなライミングとメロディアスなフロウ、双方の武器を巧みに駆使し、初作らしからぬ貫禄でその存在感をアピールした。
(岡部)

ACKEE & SALTFISH 『BREDREN』 錦Communications 
ジャマイカ~NY修行時代に心を通わせたアーティストとの共演や、本場仕込みのパトワを披露するなど原点を強烈にアピール。ブジュ・バントンら錚々たる面々と対等に渡り合う流石のマイク技には唸らされた。スーパー・キャットに直談し、日本へ招いた偉業も。
(岡部)

LIKKLE MAI 『MW』 MK STARLINER 
自主レーベル設立&運営に尽力した2007年のタフな活動が実を結んだ本作は、日本語詞主体という新境地に挑んだ点においても重要作と呼べるもの。真に自立した女性アーティストのあり方を体現するかのような骨太なメッセージは、誰もが生み出せるものではない賜物だ。
(岡部)

RYO the SKYWALKER 『ONE-DER LAND』 BUSH HUNTER/RIDDIM ZONE 
〈レゲエとは?〉を示す3部作完結後とあって、自由に暴れた本作。異畑のゲストを多数迎えつつもRYO色で濃厚に彩る様は見事だった。その内容に比例して支持率も沸点に達し、頂点を極めた感も。堅実に積み上げた道あっての飛躍を称えたい。
(岡部)

9miles 『Belly-Go-Round』 handcuts 
Yasukoの清涼感溢れる歌声と繊細でドリーミーなリズムの響き。心の琴線を刺激する彼ら特有の優しく穏やかな音楽は現行シーンに類を見ない唯一無二の個性を放っていた。レゲエに馴染みの薄いリスナーまでも虜にした本作は、2007年の輝かしい財産だろう。
(岡部)

KEN-U 『NEXT CRUISING』 NeOSITE/キューン 
フェス出演数も圧倒的に増え、人気・実力の向上を裏付けた2007年のENT DEAL LEAGUE。その一員である彼がソロ2作目で打ち出した〈都会的なレゲエ〉というアプローチは、確固たるオリジナリティーを獲得。次世代独自の新しい解釈と言うべき異彩を放っていた。
(岡部)

Majestics 『LEAPS IN'』 Swing Dragon 
スカ・バンドによる素晴らしい作品も目立った2007年。特に結成10周年を迎えた彼らの豊潤な演奏に心を奪われた人も多いはず。古き良き時代のジャマイカを思わせる土臭さと拠点である沖縄の南国ムードが融合した音の質感は、泣けてくるほど美しいです。
(岡部)

記事ナビ

インタビュー