こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE HIPHOP/R&B

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

日本語ラップの明るい未来を予感

ミックスCD〈CONCRETE GREEN〉参加組の単独作がシーンを活気付けた2007年は、SEEDAのメジャーからのリリースを象徴に、お茶の間にも露出したD.O率いる練マザファッカーで締め。ストリートの動きが予告する彼らの2008年にもさらに期待だ。一方、メジャーを代表するKREVAは1人でやりきった武道館ライヴをもって誰にも有無を言わせないレヴェルへ。また関西、北海道など各地方を代表するアルバムがそれぞれ生まれた点にも可能性の広がりを見た。
(一ノ木)

ANARCHY 『ROB THE WORLD』 R-RATED 
多くの同世代をゴボウ抜きし、一気に先頭集団へと躍り出て認知を受けた、出世作ともいうべきファースト・フル・アルバム。やや作為的にも聴こえる声のデリヴァリーも、ゲットー育ちの背景と相まってもはや味。各地から集めたトラックのクォリティーも特筆ものだ。
(一ノ木)

サイプレス上野とロベルト吉野 『ドリーム』 ZZ PRODUCTION 
敷居の低い真っ直ぐさと、裏でベロ出すしたたかさで、日本語ラップ然としたストレートなトラックから飛び道具的なビートまで幅広く乗りこなすグループの初フル・アルバム。ライヴ・パフォーマンスと併せ、フィールドを越えて支持されたのも当然。
(一ノ木)

BUSHMIND 『BRIGHT IN TOWN』 TAD SOUND/avex trax 
従来の〈村〉に属さない地下シーンの動きがボチボチ地上に顔を覗かせてきた2007年、DJ NOBUややけのはらといったその界隈の要人が入り乱れる様子を、カジュアルな混沌に整えて提示してくれたのが本作。このやさぐれたメランコリーはどこの村にも届くべき。
(出嶌)

KEN THE 390 『MY LIFE』 EXIT BEATS 
ソロ作2枚に多数の客演と、順調にキャリア・アップを図った彼だが、本メジャー作では音楽としての精度を一気に高めることに。2007年はTARO SOULらも含めダメレコ出身アクトの飛躍が見られたが、彼らがより広いフィールドへ活動の幅を広げるにあたり象徴的な一枚となった。
(一ノ木)

THA BLUE HERB 『LIFE STORY』 THA BLUE HERB RECORDINGS 
重厚な高解像度の音像に乗り、年輪を重ねて獲得した言葉を詰め込んだ〈札幌の確信犯〉、10年目の3作目。ここでヤングMCからの刺激を語ったILL-BOSSTINOはこの後SEEDAと共演、客演やライヴ出演を通じて現役主義&現場主義を貫いた。
(原田)

MAHYA 『INNER EXPLOSION』 PLANETGROOVE 
重力に逆らうような例の歌声が帰ってきただけでも十分ながら、これはもう聴いてるだけで溶けてしまう名品! J・ディラのヴァイブを受け継ぐMASAYA FANTASISTAとgrooveman Spotのビートが作中に時代性を吹き込んでいるのも素晴らしく、タイムレスに愛せる名盤なのですよ。
(出嶌)

ZEN-LA-ROCK 『ZEN-LA-ROCK』 ALL NUDE INC./HIGH CONTRAST/ヴィヴィド 
世界各地で発生したエレクトロ再燃の動きだが、日本ではヴェテランのスマーフ男組と、ファンク汁全開MCの彼が代表選手。PAN PACIFIC PLAYA勢、KZAら参加の本作は、ヴァラエティーに富みまくるパーティー・ラップ盤に。
(原田)

HOKT 『BAD BOY PARADISE』 ユニバーサル 
曲調の押し引きでヴァラエティーも見せた前作に続くのは、メジャーの環境でその音楽をぐっと骨太かつ煌びやかにした一枚。彼のラップもますます強さを増している。また、自身がリーダーを務めるNORTH COAST BAD BOYZの作品も勢いでは本作に引けを取らなかった。
(一ノ木)

記事ナビ

インタビュー