こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

いろいろ混ぜちゃえ!!

クラクソンズを中心にUKで火が点き、その後世界中に拡散した〈ニューレイヴ組〉は、エレクトロなどの電気音楽に接近し、一方ファレル・ウィリアムズやティンバランドなどヒップホップ系のプロデューサーと手を組んだ、主にUSのメインストリーム系のバンドはソウルやR&B寄りのサウンドにアプローチ。つまり、2007年のロック・シーンはさまざまなダンス・ミュージックを採り入れることで、ビートの立った〈踊れるサウンド〉を手に入れたのです。
(白神)

KLAXONS 『Myths Of The Near Future』 Polydor
〈ニューレイヴ〉という言葉を生み出し、世界中にダンス・ロック熱を伝染させた大問題作。だが、NME誌が今作を2007年のベスト・アルバムに選んだように、例えブームが去っても愛聴できるであろう、普遍的なメロディーに溢れた良質ポップ作品であることもお忘れなく!
(白神)

!!! 『Myth Takes』 Warp
ポスト・パンク・リヴァイヴァルというイメージを取り払って、新たな可能性を掲示した2作目。サイケでファンキーな音作りでNYというコンクリート・ジャングルが抱える混沌を吐き出し、土着音楽とでも言うべき絶対的なオリジナリティーを獲得。ロック・シーンで異質の存在感を放っていた!
(白神)

BLOC PARTY 『A Weekend In The City』 Wichita
斬新な音作りで成功を収めた後だけに次なる一手に注目が集まっていたなか、意外にもこの2作目では〈美メロの魔術師〉ことジャック・ナイフ・リーをプロデューサーに起用。斬新さよりも旋律の美しさにこだわった叙情的な本作で、彼らは静かに革命を遂げたのだった。
(白神)

LCD SOUNDSYSTEM 『Sound Of Silver』 DFA
ジョギング用に作られたナイキとのコラボ音源を発表するなど、ジェイムズ・マーフィー率いる彼らは2007年も大忙し! 〈ニューレイヴ熱〉とも絶妙にリンクしたこの2作目でも、ダンス音楽とロックを自在に操って観客を踊らせる妙技を披露してくれました。
(白神)

MAROON5 『It Won't Be Soon Before Long』 A&M
デビュー作の大ヒットから5年ぶりのリリースとなった2作目。TVCMに使用されるなどお茶の間までを席巻した高性能ポップスと、濃厚なファンクネスがガッチリと絡み合った最先端のハイブリッド・ロックに、UKシーンに押され気味だったUSロックの日の出を見た。
(白神)

SHITDISCO 『Kingdom Of Fear.』 Fierce Panda
クラクソンズ、データロックと共に〈ニューレイヴ御三家〉と言われているグラスゴーの4人組。〈踊れるロック〉とはまさに彼らのためにある言葉で、キャッチーな煌きメロディーと疾走するディスコ・パンクを詰め込んだこのデビュー作は、クラブ・ユーザーも取り込むことに!
(白神)

記事ナビ

インタビュー