こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

何でもありの無法地帯!

革新的だったR&B/ヒップホップ・シーンが原点回帰を見せる一方で、俄然ハジケまくって盛況を極めたのがポップス界隈だ。噂を聞きつけて(?)あちらこちらから流れ込んできた先鋭プロデューサー、作詞/作曲/仕掛け人やDJらが入り乱れて大賑わい。エレクトロと繋がったり、インディー・ロックを乗りこなしたりと、もう何でもゴザレ。何をやってもOKという状況にはビックリさせられた。思いのほか自由で開かれた解放区となっていたといえよう。
(村上)

GWEN STEFANI 『The Sweet Escape』 Interscope
ママになっても〈おバカ〉は辞められない? 母体のノー・ダウトに帰る直前に、いま一度ブチかましてくれた姐さんの気迫にはタジタジ。ぶっちゃけ大ヒットした前作からの残り物(+α)なんだが、それでもこの勢い。エッジーなポップスはもはやこの人抜きに語れまい。
(村上)

MIKA 『Life In Cartoon Motion』 Casablanca/Universal
彗星の如く現われたカラフルなレインボー・ポップ。フレディ・マーキュリーばりの歌唱力や作曲能力とは裏腹に、中味はとことん乙女っていうキャラのギャップも強烈だった。このミーカ・ワールド、一度入るとなかなか抜け出せない吸引力を持っている。
(村上)

BJORK 『Volta』 Polydor
〈ミーイズム〉を突き詰めていたここ数年から比べると風通しは良いし、フットワークも軽やか。なんだか社交的だし。ティンバランドとアントニーが一枚の中に共存してるなんて、やはりこの人ならではだろう。そして個性的な歌い回しがある限り、唯一無二の存在であることも改めて教えてくれた。
(村上)

AVRIL LAVIGNE 『The Best Damn Thing』 RCA
アイドルなんて目の仇……とばかり思っていたら、突然アイドルばりにポップでキャッチーなガーリー・ロックで勝負に出た彼女。〈だって結婚して楽しいもん!〉と言ったかどうかは知らないが、実年齢とは真逆。ホントはとっても無邪気な人だったのね。
(村上)

NATASHA BEDINGFIELD 『N.B.』 RCA
ハスキーなのに潤いたっぷり。まるでスキップしているかのように躍動感溢れる歌声に、元気をもらった人は多いだろう。デビュー作がまぐれ当たりでなかったことを証明してくれた一枚で、USではMTVのリアリティー番組「The Hills」の挿入歌としてギャルズの間で人気を博した。
(村上)

FEIST 『The Reminder』 Polydor
TVCMの力って凄いわ……といちばん驚いているのは本人だろう。インディー・ポップ界から一般家庭のお茶の間に進出した彼女。だが同時に、たっぷり愛情を注いで作られた楽曲は、コアな音楽ファンや同業ミュージシャンたちの舌をも見事に巻いた。その柔軟な発想には目から鱗。
(村上)

RUFUS WAINWRIGHT 『Release The Stars』 Geffen
ますますKD・ラングの男版(女版?)になってきた……なんて言ったら叱られるかな。でも、それくらい独自の世界を極めているのは確か。憂いを秘めたデカダン志向はそのままに、酒癖は確実に良くなっている様子(笑)。この1月には10年ぶりの来日も。
(村上)

記事ナビ

インタビュー