こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BASS, BEATS & BREAKS

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

過去と未来から轟くベース

クランクやグライム、バイリ・ファンキ、ボルティモア・ブレイクス、ダブ・ステップ……さまざまに姿を変えながら世の早耳を唸らせてきたエッジーなベース&ブレイクスの世界。国やカテゴリーを問わないエレクトロ人気の常態化にも後押しされて、オールド・スクールやマイアミ・ベース直系のプリミティヴなブレイクビーツ作品も急増してきました。先鋭性と同時に過去との連続性を強く感じさせるこれらの音楽は、今年も最先端を走り続けてくれそうです。
(出嶌)

DJ MEHDI 『Lucky Boy』 Ed Banger
2007年の上半期を盛り上げたフレンチ・エレクトロの最高峰レーベル、エド・バンガー。話題の顔ぶれがひしめくなかでもとりわけ大きなトピックとなったのが本アルバム。オールド・スクール・ヒップホップのマナーを湛えた極太ビートに感涙した人も多いはず!
(青木)

ARMAND VAN HELDEN 『Ghettoblaster』 Southern Fried
世のモードに触発されたのか、ヒップホップとハウスが地続きだった時代のエレクトロ・サウンドをブーミンに再現し、久々にBボーイとしての本性を露わにしたラジカセ魔のヤバ~い大作。ロッキン・ハウスだった前作からの変わりようにもビックリした人も多かった?
(出嶌)

WILEY 『Playtime Is Over』 Big Dada
意味深なタイトルやディジー・ラスカルとの同日リリースも話題となった、グライム・シーンの立役者による意欲作! オリジネイターとしてのプライドを窺わせる革新的なビートは彼の真骨頂であると同時に、リリース元であるビッグ・ダダの異端ぶりも再認識させるものでした。
(青木)

PLASTIC LITTLE 『Plastic Little』 メディアファクトリー
ディプロやM.I.A.の周辺から現れたおバカ4人組の日本初上陸となった編集盤。スパンク・ロックやゴーストフェイス・キラーらのゲストも交えた、そのアゲっぷりはお見事! ボルティモア・ブレイクス~バイリ・ファンキの勢いを感じさせるアツ~い一枚でした。
(田中)

DJ C 『Sonic Weapons』 Wimm
グライムホール(ダンスホール+グライム)のバウンシーなボトムに、ヒップホップやジャングル、ボルティモア系などの要素を混ぜた雑食サウンドと、とぼけたMCのマッチングがおもしろかった一作。ヘヴィーだけどユーモラスな新感覚は、もっと注目されるべきだったのでは!?
(田中)

SHACKELTON/APPLEBLIM 『Soundboy Punishments』 Skull Disco
土着的なパーカッションによるダブ・ステップというアプローチで現れた謎のレーベル、スカル・ディスコの音源集。ヒカルド・ヴィラロボスが手掛けた“Blood On My Hans”の18分にも及ぶリミックスはクリック界隈でも大ウケした話題曲でした。
(田中)

LETHAL BIZZLE 『Back To Bizznizz』 V2
日本はサッパリでも本場UKではメジャーの土俵で十分に渡り合っているグライム。そのポテンシャルと勢いを実証した本作は、従来のハードコアな面に加え、ベイビーシャンブルズのネタ使いなどロック好きも反応するトピックを仕込んだカラフルな作風で一躍話題をさらった。
(青木)

TROPICAL FISH 『Cold World』 Independent Dealers
ブリストルの生き証人、フリン&フローラの新プロジェクトで、かの地ならではの濃煙ムードは健在ながら、十八番のドラムンベースは完全に封印! 歌やラップをフィーチャーしたミッド~ロウ・ビートを展開し、ブリストル・サウンドの新しい指標を作り出した。
(田中)

BURIAL 『Untrue』 Hyperdub
2007年に生まれた、語り継がれるべき歴史的金字塔だろう。深い闇を越えてブリアルが描いた世界は、ひたすら哀しく、ただただ美しい。2ステップのビートに乗った光と影が同居する壮大なストーリー……今作にダブ・ステップのひとつの到達点を見た人も多かったはず!
(田中)

PINCH 『Underwater Dancehall』 Tectonic
ブリストルの重要レーベル、テクトニックを主宰するピンチがみずから放った会心の一撃。ダブ・ステップといえば現場感覚を優先したハードコアな作品が多いが、リスニングというコンセプトを明確に打ち出した本作は2007年随一のムーディーなアルバムとなっていた。
(青木)

記事ナビ

インタビュー