こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

電気の武者が世界中で大量発生!

正調のエレクトロ(・ファンク)をはじめ、かつてエレクトロクラッシュと呼ばれたディスコ・パンク作品や、ニューウェイヴ・リヴァイヴァルやニューレイヴにも通じるロッキッシュなダンス・ポップ、フィルター・ディスコやフレンチ・タッチの延長線上にあるエレクトロ・ハウスなどなど、その実体はさまざまですが、世界で、日本で、とにかく猫も杓子もエレクトロで大暴れした2007年。ここではそのムーヴメント感を創出した面々を紹介しておきましょう。
(出嶌)

PARA ONE 『Epiphanie』 Institubes/Naive
タクティールやサーキンらも引っ括めて、台頭したフレンチ勢でもとりわけ好調だったのはインスティテューブス周辺でした。全身が総毛立つビリビリ・ブレイクスを満載した今作は特にヤバい出来で、アシッド・ディスコな“Dudun-Dun”の効力は1年経ってもまだ続いてます。
(出嶌)

DIGITALISM 『Idealism』 Kitsune/Labels/Virgin
“Pogo”をはじめとする数枚のシングルと数々のリミックス仕事で名を上げたドイツ産ユニットの待望作。キャッチーなメロディーを備えたディスコ・サウンドは、フレンチ・エレクトロともリンクして世界中のフロアを煌びやかに彩り、日本でも大ヒットを記録した。
(青木)

SIMIAN MOBILE DISCO 『Attack Decay Sustain Release』 Wichita
ニューレイヴをキーワードに、前年から引き続いてロッキンなダンス・トラックが人気だった2007年。主要バンドの諸作を制作面からバックアップしてきた人気ユニットの本デビュー作は、その潮流における象徴のひとつとなった。
(青木)

CHROMEO 『Fancy Footwork』 Turbo
エスキモーからのミックスCDで知られたカナダのコンビが、時代のムードを背に受けて作り上げた最高にファンでファンクでファンシーなエレクトロ・ボム! ブームに乗った洒落者とは一線を画する下世話なノリで、オーストラリアでモデュラーにライセンスされたのも納得でした。
(出嶌)

TEKI LATEX 『Party De Plaisir』 Capitol
TTCの巨漢MCによるソロ作は、美味そうな音を好きに喰らって肥大化したメタボリック・ポップの怪作に! ファイストやリオも従えた胡散臭い個性で、毒やクスリもたっぷりな変態電気クランクの数々は、モードセレクターら雑食連中のミックスCDでも重宝されてましたね。
(出嶌)

BOYS NOIZE 『Oi Oi Oi』 Boys Noize
キツネからのリリース歴もあって、ニューレイヴとの親和性を持ったサウンドかと思いきや、その正体は凶暴かつ緻密に作り込まれた爆裂テクノ! ビッグマウスぶりも話題になったけど、多くのDJから絶対的な支持を集めた本作には、憎めないキャラとしての一面も垣間見えた。
(青木)

PRINCESS SUPERSTAR 『Best Of Princess Superstar』 KSR
昔から卑猥なハミ出し癖のあったインテリな変態さんが、ここまで存在感を増してきたのもこのオール電化時代ならでは。その原動力となった“Perfect(Exceeder)”のヒット以外にジゴロやキツネとの縁も生まれ、気付けばこの界隈のド真ん中にいた気も。
(出嶌)

記事ナビ

インタビュー