こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

より視野を広げたレゲエ勢

エレファントマンやシズラらヴェテランが、USマーケットを意識したアルバム作りに着手。それに呼応するかのように、ワイクリフ・ジョンやミムズといったヒップホップ側からの接近も多く見られ、ヒップホップとレゲエの関係がより強化された印象だ。また、現場ではモヴァードやムンガといった成長著しい若手が支持を集めるほか、チーノなど2世アーティストの活躍も目立った。次なるに向けて力を蓄えた一年とも言えるだろう。
(カシワ)

RANDOLPH 『Lonely Eden』 Still Music 
JBへのトリビュートからマッド・マイクのリミックスまでを気高いブラックネスで包み込んだ、アンプ・フィドラーとドゥウェレの間を行く才人による極上のデトロイト・ソウル。折衷的なのではなく、細分化される以前の状態に立ち戻った感じこそが未来的……と言っておこうか。
(出嶌)

TUOMO 『My Thing』 Jupiter/Texicalli 
北欧のジャズ・ピアニストがカーティス・メイフィールドへの憧憬を爽快に表現した会心のブルーアイド・ソウル盤で、“Don't Take It Too Hard”がスマッシュ・ヒット。夏のラジオから流れた同曲にヤラレた人も多いことだろう。日本人好みなブルーアイド作の急増を招いた一枚でもある。
(池谷)

LEDISI 『Lost And Found』 Verve Forecast 
インディー・ソウル・ファンの間で激賞されていた逸材がヴァーヴに移籍してメジャー・デビュー。環境の変化も功を奏し、濃厚なヴァイブを放つ歌声と、レックス・ライドアウトらが作る洗練されたサウンドとの出会いが上質なソウルを生む結果となった。
(池谷)

ANGIE STONE 『The Art Of Love & War』 Stax/Concord 
長いキャリアを持つヴェテランが新しいステップとして取り組んだスタックス移籍作。これまでのネオ・ソウル的なふくよかさに肩の力が抜けた聴き心地も加えて、50周年を迎えた名門レーベルからのリリースに相応しく懐の深いソウル集となっていた。
(池谷)

J. HOLIDAY 『Back Of My Lac'』 Music Line/Capitol 
2007年に誕生した新しいR&Bスターのひとり。甘く艶かしい歌声を活かした完成度の高いアルバムで、この年屈指のバラードといえる“Bed”のヒットは、ソングライティングを担当したドリームとLOS・ダ・マエストロの名声をいっそう高めた。
(池谷)

JILL SCOTT 『The Real Thing : Words And Sounds Vol. 3』 Hidden Beach 
女優業なども好調にこなすなかで登場した3作目だが、穏やかながらも深い詞世界や滋味溢れる聴き味、自信に満ちた歌いっぷりは相変わらず。現代フィリー・ソウルの中心である彼女の芯は、ブレるどころかますます堅固なものとなったようだ。
(池谷)

CHRIS BROWN 『Exclusive』 Jive 
ヤング・アーバン・シーンの筆頭がこの2作目で証明したのは、レンジの広くなった歌唱力をはじめとする確かな成長ぶりだった。〈ネクスト・キング・オブ・ポップ〉と評されるのも伊達ではない、歌って踊れるスター性を見せつけた来日公演も印象に残った。
(池谷)

SIZZLA 『The Over Standing』 Kalonji/Damon Dash/Koch 
ヒップホップ界の帝王、デイモン・ダッシュと強力ダッグを組んで放った意欲作。代表曲のセルフ・カヴァーも含め、どれもUS市場を意識したアーバンな仕上がりで、〈神の子もついに次のステージへ向けて走り出したな〉と期待に胸が膨らんだ。
(カシワ)

SPRAGGA BENTZ 『Live Good』 Red Square 
バウンティ・キラーやブジュ・バントンと同じく、90年代に活躍したDJが久々に色気漂うタフ声を披露してくれたのは嬉しかった。ラスタに傾倒しつつも、コンシャス・チューンからギャル・ネタまで幅広く歌いこなすスキルは流石。全編アゲめのトラックもグッドです。
(カシワ)

STEPHEN MARLEY 『Mind Control』 Ghetto Youth/Tuff Gong/Universal 
弟ダミアンのグラミー受賞作『Welcome To Jamrock』を手掛けたマーリー家の才人による初作だけに、周囲からの期待は大きかった。ヒップホップ風に味付けされたイマっぽいアプローチや、モス・デフなど豪華ゲストを召集した手腕に敬礼!
(カシワ)

記事ナビ

インタビュー