こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2008年01月31日 13:00

更新: 2008年01月31日 17:27

ソース: 『bounce』 295号(2008/1/25)

文/bounce編集部

KANYE WEST 『Graduation』 Roc-A-Fella/Def Jam 
“Stronger”でのダフト・パンク、ジャケットでの村上隆、“Good Life”のプロモ・クリップでのSo Ne……この潔いまでのミーハー精神に基づく〈抜けの良さ〉こそが、前作にはなかった魅力だろう。2007年の空気をもっとも的確に読み取っていた一枚。
(高橋)

SWIZZ BEATZ 『One Man Band Man』 Full Surface/Universal 
2007年も絶好調だったプロデューサーがラッパーとしての我を出しまくった意欲満々なソロ作。ストリート・ヒットとなった“It's Me Bitches”をはじめ、超イケイケなラップと〈ロックスター〉なイメージにピッタリのギラついたトラックが目白押しだった。
(升本)

TALIB KWELI 『Ear Drum』 Blacksmith/Warner Bros. 
マスとコアを結ぶ貴重なコンシャスMCらしく、カニエやウィル・アイ・アム、サー・ラーにロイ・エアーズなど多彩なゲストを招き、メインストリームとアンダーグラウンドを巧みに融合させた一枚。UGKとのピ-スフルなジョイント“Country Cousins”が話題に!
(升本)

WILL.I.AM 『Songs About Girls』 Will.I.Am/Interscope 
みずからの女性遍歴を辿りながら、持ち前の好奇心と冒険心を駆使してさまざまなダンス・ビートにアプローチした初の本格ソロ作。本国でのセールスこそ振るわなかったが、カニエの新作と共に2007年の気分を捉えていた作品であることは間違いない。
(高橋)

FEDERATION 『It's Whateva』 South-west Federation/Reprise 
ハイフィー・シーンの真打ちによる、誰もが待ってた2作目! 躁状態で畳み掛ける3MCに、進化し続けるリック・ロックのド派手なビートがひたすら疾走し、まったく衰えないハイフィーの勢いをも見事に証明した。休んでるヒマなんかねえぜ! 
(升本)

JAY-Z 『American Gangster』 Roc-A-Fella/Def Jam 
『Reasonable Doubt』の世界観と『The Blueprint』の音が融合したら……という妄想が具現化されたようなアルバム。70年代の麻薬王を題材とするコンセプトは、コカイン・ラップが猛威を振るう現行シーンのムードに抜群の相性を示した。
(高橋)

SOULJA BOY TELL'EM 『Souljaboytellem. com』 Stacks On Deck/Collipark/Interscope 
ユゥゥゥー! 世界を巻き込む大ヒットとなった全米No.1曲“Crunk That(Soulja Boy)”収録のデビュー作。ラップやトラック制作のみならず、ネット上でのヴィジュアル戦略を重視したトータル・プロデュースの巧みさは実に新世代的だった。
(升本)

WYCLEF JEAN 『The Carnival II : Memoirs Of An Immigrant』 Columbia 
総勢20名以上のゲストを引き連れて世界各国のビートを探訪する音楽の狂宴第2章。表題どおりの過激な展開を持つ“Hollywood Meets Bollywood”など、ぼんやり聴いてると迷子になりそうな、2007年もっともチャレンジングだったアルバムのひとつ。
(高橋)

記事ナビ

インタビュー