こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年12月13日 10:00

更新: 2007年12月13日 15:59

ソース: 『bounce』 293号(2007/11/25)

文/出嶌 孝次


  まずは下のジャケを見てほしい。なんちゅう恐ろしい表情やねん……ということではなく、この芝居がかった格好良いコワモテに、全盛期のアイス・キューブを連想する人も多いんじゃないだろうか。このゴリラ・ズーは、アルバム1枚限りで脱退したヤング・ジーズィの替わりとして、ボーイズン・ダ・フッドに加入した若武者である。そもそもグループ名がNWAの曲名(およびキューブの主演映画のタイトル)から取られているボーイズン・ダ・フッドは〈サウス版NWA〉を標榜してきたわけで、このゴリラ野郎が何を求められているかは言わずもがなだろう。ゆえに、新参者ながらズーが早くもソロ作を(しかもグループの新作と同時期に)ドロップしたのにも納得がいく。ドスを利かせまくったラップが大暴れする『Welcome To The Zoo』は闘志漲る一枚だし、グループでの『Back Up N Da Chevy』も荒くれ同士のコンビネーションが楽しめる。どちらも震えがくるほど格好良いぞ。

インタビュー