こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

GLAMOUROUS & SEXY

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年10月04日 12:00

更新: 2007年10月04日 16:26

ソース: 『bounce』 291号(2007/9/25)

文/粟野 竜二、山西 絵美、若狭谷 力

NIGHTWISH 『Dark Passion Play』 Spinefarm(2007)
フィンランドが、いやヨーロッパが誇るシンフォニック・メタル・バンドの最新作。ヴォーカリストの脱退を経て新加入したアネットは、オペラ的歌唱を得意とした前任者とは違った魅力を持つ歌い手で、バンドのポップ化にも一役買っている。すでに支持基盤を確立している彼らではあるが、今後エヴァネッセンスやウィズイン・テンプテーションと肩を並べる存在になる可能性大だ。
(粟野)

AGNES 『When The Night Falls』 RCA(2007)
〈北欧メタルの新女帝〉として期待されているシンガーのアグネス。4年前にポーランドからフィンランドへ移住し、アイドル・コンテストの優勝を足掛かりにデビューを果たした異色の存在だ。現在も〈アイドル〉として位置付けられているようだが、ソナタ・アークティカやアポカリプティカといった本作のゲスト陣からもわかるように路線は暗黒世界寄り。ハスキー・ヴォイスとビョーク似のルックスが素敵だ!
(若狭谷)

THE RASMUS 『Hide From The Sun』 Playground(2005)
鳥の羽根を挿すなど前衛的なヘアスタイルで常に私たちを喜ばせてくれるヴォーカリスト、ラウリ率いる4人組の最新作。エモーショナルでメランコリックなメロディー(度が過ぎて演歌っぽい曲もあるけど、それはご愛嬌!)とダークなサウンド・アレンジは、オーロラを思わせる美しさだ。アルバムごとに強まっているゴス・テイストが今後どこまで発展するのか、そのあたりにも注目したい。
(山西)

BATTLELORE 『Evernight』 Napalm(2007)
魔法使いや妖精をメンバーに抱える〈ファンタジー・コスプレ・ゴシック・メタル〉のパイオニア(後進アーティストの存在はいまだに発見されていませんが……)がおよそ2年ぶりにニュー・アルバムを発表。男気溢れるデス声と気怠い女性ヴォーカルの掛け合いを武器に、いつになくアッパー&キャッチーな正統派メタル・サウンドを展開しています。こんなに楽しい仮装パーティーならいつでも大歓迎よね!
(山西)

THE 69 EYES 『Angels』 Virgin(2007)
前作が『Devils』で、最新作が『Angels』と完全にそっち路線へまっしぐらな彼ら。ゴシック・メタルが盛んなフィンランドにおいても、いち早くその波に乗っかった嗅覚の鋭さはさすがDEATH。ダークでメランコリックなサウンドに煌びやかでセクシャルなグラム・ロックを注入してみせるなど、今作でも重厚で妖しい魅力がたっぷり。結成18年目にしてますます男に磨きを掛けております! ホント、ズルイよな~。
(若狭谷)

CARMEN GRAY 『The Portrait Of Carmen Gray』 Sony BMG FInland(2007)
カリスマ性抜群のフロントマン、ニックラス率いる5人組のデビュー作。気恥ずかしいほどのキーボード・サウンドを中心に据えた北欧メタルのドラマ性と、バッド・ボーイズ・ロックンロール的なドライヴ感を併せ持ったサウンドを鳴らす彼らは、デビュー前にダークネスの前座を務めたことでも話題を呼んだ。ネガティヴに続き、世界的なブレイクが期待されるバンドだ。
(粟野)

NEGATIVE 『Anorectic』 Gb Fam(2006)
〈フィンランドのヨン様〉ことヴォーカリストのヨンネ・アーロンが率いる6人組の3作目。(これまでの2作と異なり)残念ながらジャケットでメンバーの麗しい容姿を堪能することはできないが、そのぶん音のほうは格段にレベルアップしている。骨太でキャッチー、かつ耽美的なムードを持った楽曲が、みんなのハートを鷲掴み。単なるアイドル人気で片付けられるバンドでないことを証明してみせた。
(粟野)

  • 前の記事: HIM
  • 次の記事: LOVEX

インタビュー