こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年09月27日 11:00

更新: 2007年09月27日 14:25

ソース: 『bounce』 291号(2007/9/25)

文/Masso 187um


  セントルイス出身、ネリーを擁するセント・ルナティックスの中心人物でソロ作もリリース済みのアリ。かたやアトランタ出身、アウトキャストと共にダンジョン・ファミリーを盛り上げたグッディ・モブのメンバーで、こちらもソロ・デビュー済みのビッグ・ギップ。テイストは若干異なるものの、共に歌心のあるグループだけに、意外なユニット結成ながらも違和感はまったくナシ。サントラ『The Longest Yard』に提供した“Let Em Fight”、ネリーの全米No.1ヒット“Grillz”などへの客演、さらにプロモ・カットされたネリー参加の“Hand In Da Paint”が好事家を中心に話題となって、アルバム・リリースのアナウンスも早くからなされていたが、延びに延びて今夏、満を持して『Kinfolk』が発表となった。“Hand In Da Paint”のようなトレンドを意識した曲だけでなく、ふたりのソウル志向を強く感じさせる好盤に仕上がっているだけに、継続した活動を望む声も多いはずだ。

インタビュー